« ミニトーナメント大会について | トップページ | バランス »

2010年4月 7日 (水)

vsメテオ


メテオ対策を考えてみる。




話題にのらず斜め上で考察するオレカコイイ!





(笑)



------------------------------------------------------

~諸注意~

この考察はサイドカップにて、対29さんに考えたことを基にしています。
ベースはジャージーデッキですし、主観的な考察であるので、
必ずしも当たっている考察とは限りません。

ただ、
極力デッキタイプに関係なく考察しましたし、
この内容を意識してメテオと戦うのとそうでないのでは大分違うと思うので
読んだ方のためになればと思う次第。

長くなると思いますが、いつものことなのでお付き合いください。

でわ、はじめます。



------------------------------------------------------

■メテオデッキの動きを知る


敵を知り、己を知ればうんたらかんたら。



ということで、まずはメテオデッキの動きを知ります。
個人的に考える昨今のメテオの動きは下記の通りです。

 1.《直下型流星群》詠唱開始。
 2.《直下型流星群》発動後、発動するように《ファイサラーバード》詠唱開始。
 3.《直下型流星群》発動。塵も残さない。
 4.出てきた《ファイサラーバード》で4回殴る。終わり。


これが基本の動きです。
黄金パターンでこれが最速でこられると手も足もでませぇん。


が、

実際にこの通りに動けることは稀です。
何しろ必要なMPが8で、属性値3です。

単純なクリスタルなら6枚。魔力加速を使ってもクリスタル3枚は必要です。
手札が比較的好条件で揃う必要があるのです。
(とはいえ、ネタなコンボデッキよりかは揃いやすいと思いますが)

また、揃ったとしても発動まではそれなりにターンがかかります。
相手のデッキによっては対策無しだと削りきられる恐れがあります。


なので、

私が考えるメテオデッキの動きは次のようになると思います。


 1.何はなくとも《直下型流星群》を撃つ。
   《魔力加速》売っておけば御の字。
 2.相手が体制を整える時間で
   《直下型流星群》、《ファイサラーバード》と3属性8MPをそろえる。
 3.2発目の《直下型流星群》詠唱開始
 4.合わせての《ファイサラーバード》→4回なぐる。


以上。


《直下型流星群》ことメテオは2発きます。


メテオデッキにおいて、2発目のメテオはリスクが高いです。
手札を消費しているため、1発目に比べて立て直しが難しくなるからです。

なので、

2発目のメテオを撃つ場合、勝ち筋が確定している必要があります。

つまり、
2発目のメテオが来た場合、
十中八九勝ち筋が確定しています。



ならば・・・
メテオデッキを叩くなら2発目のメテオがくる前に
もしくは
2発目のメテオは撃たせない

これが基本戦略になると思います。



------------------------------------------------------

■速攻デッキのメテオ対策

さて、次は己を知る番です。
まずは速攻デッキの対策方針です。

メテオの動きで指摘したとおり、
2発目のメテオが来る前に決着をつけるのが基本の動きです。


最速で2発目のメテオが撃てるのは
1発目メテオ発動ターン含めて、3ターンです。

クリスタルが3枚揃えば最速で2発目のメテオが飛んできます。


3ターンで決着をつけるのが理想です。

そのためにはまず

 ①1発目のメテオの前に極力HPを削っておく

これが必須です。
10未満が理想です。

これは完成した速攻デッキなら比較的簡単に達成しやすいと思います。

さて、1発目のメテオが来るわけですが、
3ターンで決着をつけるためには手札の準備が必要になります。

 ②クリスタル1枚。3MPクリーチャー1体。
  もしくは、
  中堅クリーチャー1体。
  あわよくば
  除去1枚とその発動クリスタル
  を確保しておく
  
万が一、ファイサラーバードが来た時のために除去を用意しておくとGoodです。
除去が発動できるクリスタルも保持しておくのが理想でしょう。

そしていよいよ1発目のメテオ解決です。
ほぼ間違いなく1発目のメテオは通常キャストです。
であるため、ターンをまたぎます。

メテオが発動するターンはやることが決まっています。

 ③1発目メテオが発動するターンに
  ~クリスタル1枚+3MPクリーチャーを持っている場合~
   ・メテオ発動後にクリスタルを配置する。
   ・3MPクリーチャーを詠唱開始する。
  ~中堅クリーチャーを持っている場合~
   ・メテオ発動後に合わせて、中堅クリーチャーを詠唱する

という行動になります。
理想は中堅クリーチャーです。

あとは殴り切るが先か相手に手札が揃うが先かです。



殴りきれそうな場合、
《ファイサラーバード》が手札に無い場合でもメテオを撃つ場合があります。
その場合、しめたもので。

小型クリーチャーだけでも殴りきれる可能性が出てきます。
そういった意味でも1発目メテオの後に残すのは中堅が理想ですねー


これを意識していれば
あからさまな対策カードはいれず、
無理なくデッキをメテオ用にチューニング出来るんじゃないでしょうか。


たとえば、3MP強化バトルスペルとかね。


------------------------------------------------------

■コントロールデッキのメテオ対策

さて、次はコントロールです。
コントロール系は扱いが難しいです。

しかし、プレイング次第で化ける可能性があるのでがんばりたいところ。

対メテオで重要なのはメテオ1発を覚悟することです。

そして、2発目のメテオを撃たせないプレイングを心がけたい。

キーカードや重要なカードが流されるともう詰みです。
メテオ1発目までは大規模な展開はせず、
ドローストック強化や、場に出さないようなカードを使うのが吉。

そしてやはり
クリスタルを確保しておくことが必須だと思います。

1発目からの立ち上がりを容易にすることで
仕掛けどころを見極めたい。ですね。


さて、

2発目のメテオを撃たせないプレイングですが・・・

カウンターが入っているデッキならまだしも、
ほとんどのコントロール系デッキはまずカウンターが入っていないでしょう。

となると、どうやって撃たせないようにするかというと・・・


《ファイサラーバード》用の除去を豊富に用意する。


事が最優先事項かと思います
すべての《ファイサラーバード》が除去されるとメテオは勝ち手段を失います。
是非狙いたいところ。


なので、1発目後の立ち上がりとしては

 ①最低限除去がうてる環境だけ整えて、淡々と何もしない。

 ②ファイサラーが出ておらず、
  100f超えた場合、少しずつキーカードを配置。

 ③除去環境を整えるだけのクリスタルは確保しておく



これです。

メテオ側としては、
2発目のメテオを撃つためには3発目のめどが立つか
ファイサラーで確実に勝てる状況が必要です。

つまり、手札にクリスタル確保か、
除去されない数のファイサラーが必要なんです。

除去が1枚あることが分かれば、
ファイサラーは2枚必要になります。
もしくは3発目のメテオですかね。

いずれにしろメテオ側は我慢の時間になるわけです。


さらにこちらの手札に除去環境(除去に必要なクリスタルと除去カード)が
揃っていれば、2発目以降の対処が可能になります。

いずれにしろ勝負は1発目~2発目の間になるでしょう。

この勝負どころを有利に進めるには1発目までに行なう
手札構築とドローストック強化やHP補強が重要になると思います。



分は悪いかもしれませんが、
コントロールすべきクリーチャーを《ファイサラーバード》に絞れば、
結構な勝負にも連れ込めると思います。

がんばりましょう!



------------------------------------------------------

■総括



勝負は2発目のメテオにあり。





蛇足だけど、
この対策をとられたメテオ側はどういう戦略になるのかな。


あえて、1発目に勝負をかけるかなぁ。
それとも1発目が出る前でもある程度戦える構成にするのだろうか。
それだとデッキ全体の動きが遅くなるだろうなぁ。
属性確保を補強して立ち上がりやすい構成にして2発3発と乱発するかな。
それはそれでハイリスクだなぁ。





とりあえず以上です。

まー参考程度になればと思います。
補足とかあればコメントしてくれるとうれしいッス。

|

« ミニトーナメント大会について | トップページ | バランス »

コメント

だよねー。
メテオ一発はもらうものとして、次考えるのがいいよね。

ちなみに、待ちに入られたら「メテオ撃たないで普通に攻める」が選択肢かなと思います。
ファイサラー以外に、ミサイルとか煮えプラとかあると思うので。

投稿: 七誌 | 2010年4月 8日 (木) 12時40分

メテオ撃たないで攻めてきたらコントロールは渡りに船って気もしますが・・・

メテオが来ることを常に意識するとしたら
対メテオ準備をしつつ、出てきた脅威をどう排除するか・・・は、腕の見せ所ですかねぇ

投稿: itachi | 2010年4月 9日 (金) 13時57分

1発目からほとんどの場合がファストキャストですねえ。
というか、そうじゃないとやばいw
(←デッキ構成が悪いのかも)

投稿: ひで | 2010年4月 9日 (金) 21時51分

昔に比べて今のメテオの強いところは、
勝ちパターンが何通りもある点ですからねぇ

1発目ノーマルキャストって、私もやった記憶がほぼないです

投稿: だんぱ | 2010年4月 9日 (金) 22時22分

まじすかwwww

ファストキャストのほうが出足が遅い気がするけども、そうでもないのかな。
いずれにしろ基本的な対処法は変わらないと思うけど。

投稿: itachi | 2010年4月11日 (日) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64082/34116554

この記事へのトラックバック一覧です: vsメテオ:

« ミニトーナメント大会について | トップページ | バランス »