« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

延期!

バージョンアップはまだ先になりそう!!

でも気にしない!まったりいこう!!




CPU思考ルーチンでも考えながら!!







まぁ、あれだよね。

はやくFTTのデッキ決めないとね・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

第12回FTTリーグ大会~参加登録~

お待たせいたしました
ただ今より第12回FTTリーグ大会の参加登録受付を開始します

大会の詳細なルールはこちら


エントリーは10月11日(土)〆が締め切りです。
参加する方はお早めにお願いします。


登録する方は
下記テンプレに必要事項を記載し、この記事にコメントしてください。
よろしくお願い致します。


--------------↓テンプレ↓----------------
【名前】
【クラス】
【CRC】
【サーバー可orCO】
【コメント】
--------------↑テンプレ↑----------------



■クラスについて
 クラスは予選のブロック分けの指針になります
 下記基準にそって自分が当てはまるクラスを記載してください

  ・オープンAクラス  :過去FTT大会決勝進出経験者
  ・オープンBクラス  :過去FTT大会2回以上出場経験有り&決勝進出未経験者
  ・ビギナークラス  :過去FTT大会出場経験1回以下者

  ※下位クラスの人は任意で上位クラスへエントリー可能です。
    (例:FTT初参加だけどオープンAクラスでエントリーする)
    →逆はダメです(例:FTT決勝経験有りだけどオープンBでエントリー)



■CRCについて
 CRCとは登録したデッキを
 きちんと大会でも使用していることを確認するために使用します。
 使用するデッキが確定したらそのCRCを記載してください。

 <自分のデッキのCRC確認方法>
 ABCDの「DeckEditor2.exe」を起動し、参加するデッキを開いてください。
 すると「Deck Data」の部分にCRCというのが記載されています。
 こんなのです↓

 CRC:2061A889

 この青字部分エントリーの際に記載してください。


 <対戦デッキのCRC確認方法>
 対戦のデッキ選択の際、
 「Hide」のチェックをはずせばCRCを相手に表示できます。
 大会中はそれをお互いに見せ合い、
 正しいデッキであることを確認します。




以上です。
何かわからないことがあればガンガン質問してください。

ふるってご参加くださいませ~~~

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

赤単対戦会~対戦レポその②~

さーて

対戦会のレポ続きです。

これで最後です。って結局2人としか対戦してなかったか。


-----------------------------------------------------

■VS 七誌さん


【第1戦目】
まずは軽量スライをチョイス。
七誌さんもスライでした。

1ターン目上官を召還!
2ターン目でアタックするもアドレナリンで除去される。
とりあえず鶏を追加召還しておく。
ここまでは普通なのだが、
ここでクリスタル供給がストップ!手札の火炎放射が使えない。
それでもめげずに鶏アタック。
しかしこれもアドレナリン。
ドローストック消費を待てなさそうなのでエージェントを召還する。

次ターン。3枚目の火炎放射を引くもクリスタル引かず。
おろろーん
しかも七誌さんは炎の壁を召還。攻撃にストップがかかる。
第5ターン。クリスタル引かず。
七誌さんがDSを使用したので
エージェントアタック+アドレナリンで壁を破壊する。
これを受けて、七誌さんは鶏を召還。
次のターンで溶岩巨人を召還する。

炎のクリスタルがあれば焼けるのにぃ!と思いながらドロー
手札は火炎放射×3と威嚇射撃×3・・・orz

七誌さんは容赦なく炎の壁を召還し、鶏アタック。
これを威嚇射撃で緊急回避。もちろんクリスタルは引かない。

鶏を召還してみるものの七誌さんはシャハブⅢを投入!
これはやばい。この時点で残ライブラリ24。うちほぼ半分がクリスタル
次で引かないと!!男じゃない!!!

次ターン!!クリスタル引いたああ!!!!
しかし、シャハブアタックでMPは削られる。
だが炎属性が3つ揃ったのは大きい!
鶏を火炎放射で焼いてこちらも殴る!七誌さんは溶岩巨人追加!
こちらの残HPは13。七誌さんは14・・・
まだわからん!
よーしアドレナリンもあるしエージェントアタックだー!!

Defender0 : 炎の壁(1019)
Defender1 : 溶岩巨人(1021)

!?
溶岩巨人も・・・あーアドレナリンしても巨人までは・・・・
じゃぁここで消費しないほうが・・?いやしかし・・・・・

って悩んでたら時間制限が!!
一方的に殺される。ばかかおれはー!

そして
>七誌の実戦経験が発動
>七誌の炎の壁は(+3 / +2)の修正を得た。
>七誌の溶岩巨人は(+3 / +2)の修正を得た。

ひいぃいいいいいいいいい!!
もう1体の溶岩巨人は火炎放射で焼いたもののこれはヤバイ!
七誌さんはさらに不死鳥の雛を召還。
こちらもエージェントを召還するもかなり分がわるい・・・・

とにかくあの溶岩巨人を何とかしなくては。
せっかくのアドレナリン増加・・・有効活用・・・

次ターン

>七誌の溶岩巨人は攻撃の構え!

きおったな・・・
まてよ・・・そうだ!エージェントにアドレナリン増加で!いける!

エージェントでブロック!そしてアドレナリン増加!!







みんな・・・・




お酒を飲みながらABCDをやるのはやめよう・・・・



ね・・・




>itachiのアドレナリン増加が発動
>七誌の溶岩巨人は(+3 / -1)の修正を得た
>itachiはドローストック+1を得た。
>itachiの赤国エージェントから七誌の溶岩巨人へ3点のダメージ
>七誌の溶岩巨人からitachiの赤国エージェントへ2点のダメージ
>七誌の溶岩巨人からitachiへ8点のダメージ
>itachiの赤国エージェントは破壊された。

そのまま殴りきられて敗北。
うぼぁー



【第2戦目】
奇抜なのをーと思い、緊急招集デッキをチョイス。
七誌さんはティムデッキな感じ・・・?
クリーチャーダメージ能力を持ったクリーチャーのデッキです。

1ターン
こちらは炎のクリスタルから火炎円陣を詠唱開始。
七誌さんは燃え盛る子猫を召還。
次ターン
七誌さんのファイアースターターを見てから
灼熱波動を詠唱開始。殴られ続けたら負ける。
次ターン。灼熱波動で全員焼くもファイアースターターが追加される。
しかしこれは火炎円陣で焼く。
七誌さんプラズナー詠唱開始。
こちらはリサイクルまわすも肝心の緊急招集が引けない。
プラズナーに対しては火炎円陣をファストキャストして備える。
が、それを見て2体目のプラズナーと炎の壁を追加する七誌さん。
もう1体のプラズナーを焼く手段がなくなりなぐられる。
残HP7。なんとか灼熱波動2連発でプラズナーを焼く。
そしてようやく引いた緊急招集をキャスト!
いいのきてくれー!!

>七誌は炎の壁を唱え始めた。
>七誌は炎の壁を唱え始めた。

ちょwww

>itachiの緊急招集が発動
>itachiは無能な兵士を召喚した
>itachiは無能な兵士を召喚した
>itachiは無能な兵士を召喚した
>itachiは整備兵を召喚した

ちょおおおおおお!!!
諦めたらそこで試合終了の精神で大統領を出す。
七誌さんが溶岩巨人とファイアースターター出したけど気にしない!
大統領が猫とスターターで焼かれたけど気にしない!
2発目の緊急招集行きます!!!

>itachiの緊急招集が発動
>itachiは無能な兵士を召喚した
>itachiは年老いた教官を召喚した
>itachiは見習い兵士を召喚した

あー・・・びみょう?

こうなったら整備兵に教官が継承して灼熱波動ファストキャストぉ!!
全員一掃!!残った溶岩巨人には火炎放射!
場には、炎の壁×3と強化整備兵のみとなる。
しかし無常にも七誌さん間髪いれずにプラズナーと溶岩巨人召還。
そしてプラズナーとプラズマ射出のあわせ技で整備兵を除去。きつい><
その後、3発目、4発目の緊急招集を出すもぱっとせず。
そのまま殴られて敗北



【第3戦目】
今度はミサイルデッキを選択。
七誌さんは結晶破壊デッキ!


最初はお互いクリスタルを並べる作業に入る。
3ターン目に魔力加速を詠唱。
七誌さんは結晶破壊をファストキャストしクリスタルを破壊する。
しかし、魔力加速が聞いているのでMPは潤沢。
スカッドミサイルを召還する。
七誌さんは炎の壁を召還するにとどまる。
2体目のスカッドミサイルを出して、違法融資機を詠唱しておく。
これに対して七誌さんは灼熱波動にてスカッドを掃除。
さらに多段結晶破壊を詠唱開始。
破壊前に弾道ミサイルをファストキャストし7点ダメージを与えておく。

次ターン引いてきた違法融資機と結晶の知識を用いて備える。
が、七誌さん渾身の煮え立つプラナリア召還!!
これはまずいと今引きのトマホークミサイルを召還!!
するも、蒸発で除去される。その効果で煮え立つプラナリアも除去。
場が静寂に戻る。
しかし違法融資機のおかげか、短距離弾道ミサイルを連続で弾き、
2発打ち込んで勝利。まさにごり押し。



【第4戦目】
続いて火炎の鎧デッキを選択。
七誌さんは・・・・バーン?デッキ!

初手、赤色土偶→鶏と快調な滑り出し。
鶏を花壇の鎚で焼かれるも追加で鶏を出しクロックをまわす。
さらに爆炎のゴーレムを詠唱。
七誌さんは砂漠の前線基地で備える。
次ターン。
七誌さんスカッドミサイルを詠唱開始。
これを見て召還前に全軍攻撃!+火炎の鎧×2で勝利。
異様に回った。



【第5戦目】
今度はこっちが結晶破壊デッキ。
七誌さんは・・・・アクティブスライな感じのデッキ


炎のクリスタルから火炎円陣を詠唱開始。
七誌さんは燃えさかる子猫→好戦的な鶏と堅調スタート
3ターン目にこちらはスカッドミサイルで対抗。
七誌さんは砂漠の前線基地を詠唱。
さらに子猫でスカッドミサイルを除去し、次ターンにバギーを召還。
こちらはようやく多段結晶破壊をファストキャストできる。
七誌さんのクリスタルを2個破壊するもまだ2個ある。
ファイアースターターも召還されるも、火炎円陣2個で2体とも焼く。
次ターン燃えさかる子猫とスターターを追加されるも
結晶破壊と崩壊ダブルキャストでクリスタルを全破壊!

あとはずっとこっちのターン・・・と行きたいが除去が手札に無い。
しばらく殴られてHP5。
11ターン目でようやくスカッドミサイルを引き、召還する。
もちろん猫で燃やされるも場が一掃。クロックストップ。
これで、ずっとこっちのターン!!
追加のスカッドミサイルを召還→威嚇射撃でとめられる
orz
そして七誌さん、クリスタル2枚目置き成功。
バギーを召還!負けじとトマホークミサイルを召還!
残HP3だけどバギー1回分なら耐えられる!

次ターン!
トマホークミサイル攻撃!8点ダメージ!
七誌さんのバギーカウンターアタック!2点ダメージ!
さ・ら・に!鶏詠唱開始!前線基地の上に召還で・・・


敗北
あばばばば


--------------------------------------------------------

以上!
これが1日目ですね。
翌日も対戦会は行われたようですが、
私のほうが忙しく参加できませんでした。


イヤーでも楽しかった。
レポ書くのは大変だけどまたやりたいと思いました。


次はFTTの番ですよ~

でわでわ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

赤単対戦会~対戦レポその①~

さて。
様々な炎デッキを携えて
いざ行かん対戦の地へ!



正直、1日にこんなに対戦したのは久しぶりでございます。



-----------------------------------------------------

■VS プルグアイさん
ぼーっとサーバーを立ててたら入ってきてくれました。
フレイムバトルレディーゴー!


【第1戦目】
こちらは重火力デッキをチョイス。
プルグアイさんはスライっぽい

1ターン目、こちらは知識の結晶でクリスタルを2枚出し、
さらに火炎円陣をノーマルキャスト。
プルグアイさんは炎クリ配置で終了。
2ターン目にバギーを出して殴られる。こちら残HP18
3ターン目にクリスタル追加配置で魔力加速詠唱開始。
プルグアイさんはバギーアタック+アドレナリンで攻める。
こちら残HP13
4ターン目魔力加速発動でMP確保おk!
弾道ミサイルをノーマルキャストし、火炎円陣でバギーを焼く。
プルグアイさんは対応してプラズナー詠唱開始!
5ターン!炎クリスタルを配置し、トマホークミサイル召還!
プルグアイさんも負けじとバギーを追加して殴る!
こちら残HP11!
6ターン目トマホークでアタック!8点ダメージ!
プルグアイさんスルーして全軍カウンターアタック!残HP7!
だが負けない!
弾道ミサイルが発動!さらにファイストキャストで弾道ミサイル追加!
合計14点ダメージで勝利。

あ、あつい戦いだったぜ



【第2戦目】
こんどは火炎の鎧デッキ。
プルグアイさんはアクティブアタックな感じ

こちらは炎のクリスタルから好戦的な鶏を並べる。
対してプルグアイさんは事故のよう。
クリスタル1枚で砂漠の前線基地を並べ続ける。

4ターン目でまだ事故の様子。
今のうちだーと思って瞬炎×2を使用し、鶏攻撃+火炎の鎧。
+7で9点ダメージ。
その後、ようやくプルグアイさんにクリスタルが来始めるも遅し。
そのまま殴り勝ち。



【第3戦目】
こんどは紹介した軽量スライ。
プルグアイさんもスライっぽい…
壮絶な戦いが幕を開けました。

1ターン目
お互いに炎クリスタルを出し、怒り狂う上官を召還。
殴り合って互いにHP19
2ターン目
炎クリを出し、DSを使用。
それを確認してこちらは赤国エージェントを召還。
プルグアイさんはバギーを召還。
上官はブロックして相打ち。
バギーが通ってこちらのHP17
3ターン目
ここからエージェントが爆発するはず!

<itachi>:ふふふ。DSを使ったのはうかつだったね!

<プルグアイ>:ふふふ

プルグアイは赤国エージェントを唱え始めた。

<itachi>:なにぃ!!

と、なんとプルグアイさんもエージェント対抗!
だが・・・読みが甘いぜよ!!

itachiの赤国エージェントは攻撃の構え!
itachiのアドレナリン増加が発動
itachiの赤国エージェントは(+3 / -1)の修正を得た
itachiはドローストック+1を得た。

フフフ・・・
6点ダメージとドローストックゲット!
1/2のクリーチャーなんぞ怖く無いわー!

と、バギーからの反撃もきっちりもらい、
現在こちら残HP15、プルグアイさん残HP13

次ターン。
このままでは済まさないプルグアイさん

<プルグアイ>:もえてしまえー

と、火炎弾をエージェントに使用!
負けじとバギー詠唱!
さらにプルグアイさんのエージェントには火炎放射で対応!
結局バギーで殴りあい、
こちら残HP13、プルグアイさん残HP11

一進一退とはこういうのを言うんですね!

第5ターン
好戦的な鶏を召還する。
プルグアイさんはさらにバギー追加。
殴り合って
こちら残HP9、プルグアイさん残HP9と並ぶ!

第6ターン
なんとプルグアイさん先制の灼熱波動ノーマルキャスト!
リセットする気か!?そうはさせねぇ!
全軍アタックで渾身のアドレナリン増加あああああ!!
7点ダメージ!これでプルグアイさんの残HPは2!
灼熱波動発動で・・・・・終わりだっ

って感じで勝利。


引きに助けられたのは秘密。




【第4戦目】
次はアクティブインデッキ。
プルグアイさんはコントロールバーンな感じ


こちらは砂漠の前線基地を出して槍兵スタート。
プルグアイさんは手榴弾→マグネシウム弾とバーンな展開。
こっちは槍兵でちくちく削るも3枚目のクリスタルが引けず
いまいち動けない。
これをプルグアイさん炎の壁を出して対応
ようやく3枚目のクリスタルを引いたこちらは
前線基地を利用しての溶岩巨人で攻勢に出る。

しかし、灼熱波動と人体発火の組み合わせで一掃される。
この時点で互いにHP9。炎の射程県内。

焔巫女をアクティブイン召還し、攻撃
炎の壁をでブロックされるがきっちり破壊する。
ところがプルグアイさんミサイルファストキャスト!
残り2!ぴんち!!
次ターン削りきれずに灼熱波動で敗北。



-----------------------------------------------------

以上でプルグアイさんのデッキが尽きたので終了。

この後、七誌さんとも対戦してるのですが
長くなったので今回はこの辺で。

いやー手に汗握ったなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

赤単対戦会~デッキ紹介~

さー対戦会のレポですよっと。




そもそも、適当に対戦しあおうぜ!
って言うノリの対戦会って久しぶり!!
かなり久しぶり!!っていうか参加したことあったっけ?

覚えてない!ふしぎ!




そんなわけで無駄にハイテンションにデッキ作成。
ちょっと作ったり、既存で炎単そこそこあったりで
合計10個くらい・・・かな


その中で、
新しく作ったやつ1つをご紹介。


対戦した中でいろいろ改善したいデッキだけど
あえて初期製作状態で紹介しようと思います。




■軽量スライ
Crystal - 13枚:32.50%
13 炎のクリスタル
Summon - 14枚:35.00%
  4 怒り狂う上官
  4 猪の戦闘バギー
  3 好戦的な鶏
  3 赤国エージェント
BattleSpell - 13枚:32.50%
  2 点火
  3 威嚇射撃
  4 アドレナリン増加
  4 火炎放射



炎の定番。そして鉄板のスライです。
なるべく軽量化していこうということで全て4MP以下でこしらえました。
なので、溶岩巨人が入っていません。


基本の動きは出して殴る。
とシンプルなのですが、5MP圏に入ると2回行動を意識する動きになります。

つまり、1MPバトルスペル+クリーチャー召還orアドレナリン増加です

1ターン目上官、2ターン目バギーと
順調に展開し、
3ターン目バギーで攻撃。
ブロックされたら火炎放射して追加クリーチャーを召還します。
スルーされたらアドレナリン増加でダメージ追加。
カウンターアタックを火炎放射で対応します。

こうすることでテンポアドバンテージを獲得しつつ
ゴリゴリ相手にダメージを与えていきます。

とにかく活躍したのが「アドレナリン増加」
このカードが実にいい。とてもいい。やばい。

なにしろドローストックが+1されるのでロスが無い。
上記展開を2ターン続けてとか余裕です。

さらに、攻撃してきたクリーチャーの除去にも使えます。
特に耐熱定規を殺せるのが注目株です。
しかも手札ロスが無いんです。やばいです。



エージェントも最近ではあまり警戒されなくなりました。
なので、3点クロックがまわせます。アドレナリンとあわせれば6点です。
結構でかいです。


ぜひ5~6ターンで勝負を決めましょう




----------------------------------------------------


今度は反省会です。

威嚇射撃が思った以上に使えなかった。
3MPは2回行動の妨げになってしまいうまく生かせない。

もっと別のにすればよかったかなぁを悩んでます。
逆に点火は増やしてもよかったかも?
たかが1点。されど1点です


そして、槍兵がはいってないでやんのな。

鶏減らして槍兵でもよかった気がしてます。
貫通とアドレナリンの相性ウホッホ!!!




以上!
次回から対戦レポを書いていこうと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

1週間をきりました

FTTエントリー開始まで1週間をきりました。
みなさんデッキ調整は進んでますか~?



私は散々です。


調整中に心が折られることって……あるよね……






------------------------------------------------------------


さぁ、今日も駄文の時間がやってまいりました
とはいえ、そう書くことも無いんですがね。

ぼちぼちデッキ紹介やカード考察をしていけたらと思っています。




あと、週末に行われた赤単対戦会のレポもしていこうと思います。
こうしてみると炎デッキも幅が広い。

あのカードの評価がうなぎのぼりです。
あと、炎の壁自重wwww

主催の方乙でした。またなんかやりたいね~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

挑め!新デッキ!

ABCDの醍醐味のひとつに


『誰も気づかなかったデッキ』を作る快感があると思います。




収集要素の無いこのゲームは
全プレイヤーに全カードが開示されており自由に使えます。
なので、コンボ等のギミックは己の発想次第になります。

とはいえ、
皆さん無能じゃないですから大抵のギミックは出ています。



しかぁし!!
私はいまだ発見されていないギミックがあるはず!!
というスタンスでデッキ構築に挑むのがスキです!!


デッキ案公開スレや
他のブログを見て「うおおお!そんなコンボがああ!!」
と驚かされることもあります!


すごい!でも悔しい!!
いつか自分も凄いギミックを発見したい!



いやいや、
新しいギミックでなくてもいい!
既存のギミックだけど実践レベルじゃない。
そういうものを実践レベルに押し上げるのも面白い!

そんなわけで
今日もデッキ構築だぜえええ!








って言うスタンスだから対戦数増えないでデッキ数が異常になるんだね。






ほんと、使わないの捨てないと…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

3連休終わって・・・

赤単対戦会が中止になったり

最新バージョンは結局来週になりそうだったりしてるけど



気にしない!!

3連休は一杯対戦できたかな!?


ボクはぜんぜんだったよ!!!パトラッシュ!!!!






はい。そういうわけでね。
ちょっとダラダラと書いていきますよっとね。


--------------------------------------------------------------



対戦会はまたやってくれそうな雰囲気なので期待。

斧ミサイルデッキ作ってみてるけど
なかなか扱いが難しい。
属性拘束かコストか詠唱時間が減らないかなぁこいつ。


とにかく期待。





--------------------------------------------------------------


オフ会の話。
っていっても私は参加して無いんですけどね。
当日の対戦の際に観戦をさせていただきました。
あと、最後に1戦だけしました。


オフ参加側は1ターンごとに入れ替わりながらやってたのですが、
こっちとしてみれば思ったほど違和感感じなかった。

きっと向こうは爆笑しながらやってるんだろうなぁ
とか思いにふけってたぜ!やっほう!



楽しそうで何よりでした。



--------------------------------------------------------------


クラスター猫弾を使ったデッキを紹介しようと思ってるんだけど
修正結果によっては使えなくなるんだよなー

さてさてどうしたものかと温めております。


うーんうーん。


他のデッキにしようかねぇ

でも、あまりティン!とこない。
練が甘いのだらうか。


--------------------------------------------------------------



ネタデッキ対戦会はFTTの後にやるかもしれません。



今日はこの辺で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

わくてか3連休

3連休ですよー!



そうで無い人もいるかもしれないけど
一般的には3連休ですよー!



ABCDバージョンアップしますかねー
したならCPU作成が楽しそうですねー







うん。
それだけで連休が終わりそうで怖い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

猫熊杯(DD大会)~対戦レポその2~

前回の続きです。
連敗っぷりを見るがいい!!


■VS YASUSHIさん
最強の3連敗者YASUSHIさん。
組み合わせの妙が出るのはある意味バトロワの真髄ですね

【第1戦目】
光のクリスタルから出る手長蝦。
あー
また光かー
とりあえずステゴを出して対抗
YASUSHIさん光輝詠唱開始。
まけじとパラサ召還
YASUSHIさん伊勢海老召還
パラサに亡霊化をつけている間に
光輝が降臨し、さらにダメ押しの2体目伊勢海老!
さてどうしようと思ったところでさらに3体目の伊勢海老!

しかぁし!起死回生の友引Ⅱ!
天使装甲Ⅱ位置にいたため全クリーチャー対象!

さらにスタンⅡを打ち込んで2ターン耐え・・あ・・・
風属性がたりねええええええええええええええ

敗北


【第2戦目】
YASUSHIさんは光輝巨人詠唱スタート
こちらはクリーチャーが芳しくない。
とりあえずオヴィラで相手の手の内を探る。
ひそかに見えるペンギン・・・・
当然次ターンペンギンが出される。
飛行対策はステゴタン!
ばっちりとめる準備万端。
しかし、光相手だと後手後手なのが嫌だねぇ。

案の定その後伊勢海老→天使装甲Ⅱ×2と続けられ
抑え切れなくて終了。

これで3連敗。予選途絶える。






■VS ひでさん
申し込まれたひでさん戦
しかしこう見るとことごとく強い人としか戦って無い気がする。
深く考えず戦った結果がこれだよ!!

【第1戦目】
ひでさんはツンデレスタート。
やっほい!光祭りだー!!
ツンデレを採用するあたりテンポを重視するひでさんらしいと思った
そして、それが困るってね!!
その後、ズワイガニ→タラバガニ→天使装甲Ⅱという展開。
その間だせたのはステゴとオヴィラのみ。
やばいモジャーと思ったところでダメ押し伊勢海老。
耐えようと試みるも光輝と追加の天使装甲Ⅱで押し切られ敗北。


【第2戦目】
ツンデレ→ズワイガニ→タラバガニ
ステゴとオヴィラで対抗。
これなんてデジャヴ?
手長蝦から天使装甲Ⅱに繋げようとするが、
さすがにまずいので天使装甲Ⅱを呪文静止。
しかしパラサを引かない・・・・
しかたないのでオヴィラに亡霊化を追加しクロックをまわそうとする
が、2発目の天使装甲Ⅱと光輝召還で止められず終了。

もう光はやだー!!




-------------------------------------------------

以上!!
ひでさんのとの試合後対談にて黒緑損害水晶が入って無いことが発覚。
エタフォの影響か、属性が水にかたよってた・・・・・?

闇風中心に組んだほうがよかったのかもしれない。なんともかんとも。

うーん。
いまだに悩むのがだめだめだねー!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

猫熊杯(DD大会)~対戦レポその1~

さぁ!
ステゴ君はどこまで戦えるのか!?


猫熊杯バトロワ予選のレポです


■VS 陣内さん

【第1戦目】
黒青損害水晶を出す私。
それに対して陣内さんは光のクリスタル。

やはり光か・・・

こちらはクリーチャーを引かずに待機状態。
陣内さんは手長蝦を展開し、早くも天使装甲Ⅱをつけようとする。
さすがに装甲はいやなので呪文静止。
殴られながらも引いたパラサをターン開始にあわせて詠唱開始。
しかし負けていない陣内さん。
追加で天使装甲Ⅱをつけ、3点クロックが開始される。
こちらも応戦、亡霊化をパラサにつけて殴りあい開始。
4点ダメージ+2点回復はかなりおいしい。
陣内さんタラバと光輝で応戦しようとするが間に合わず。
こちらの勝利



【第2戦目】
光輝を打たせてなるものか!
と、光のクリスタルが2枚並んだ時点でエターナルフォースブリザード!
相手は死ぬ!!

が、タイミングが陣内さんのが早かったらしくあっさり光輝詠唱開始。
次のターン2体目詠唱開始。ヤバス。
とりあえずパラサとステゴをだして戦線を整える。
が、陣内さんついに皇帝ペンギン登場!
パラサに亡霊化をつけるも手長蝦で全員耐性ゲット!
こうなるとステゴで対応できない!

さらにダメ押しの天使装甲Ⅱ!
負けじと同じ対象に友引Ⅱ!

うおお!パラサ召還!!パラサ召還!!

が、MPが・・・足りない!
スタンⅡでしのごうとするが残念!押し切られて敗北!



【第3戦目】
陣内さん光輝詠唱→呪文静止
皇帝ペンギン詠唱→呪文静止

と、徹底的に邪魔する。
そのスキにステゴを出そうとするも、
2枚目の皇帝ペンギンが降臨。さすが4枚積み・・・・っ
オヴィラを召還し、様子を伺う。

→陣内の手札は"天使装甲Ⅱ" , "光輝巨人" , "伊勢海老" , "手長蝦"

ちょwwwwww

早速伊勢海老召還。
耐性がついたペンギン襲ってくる。
さらに天使装甲Ⅱが伊勢海老につき、4点クロックが開始。
ステゴ1体じゃきついよドラえもーん
ドラえもん「はい、パラサウロロフス~」
というわけで、パラサ召還。
しかし、陣内さんは光輝を追加してくる。
負けじとステゴ追加!
陣内さんさらに伊勢海老追加!

なんという総力戦。
やばい。確実にヤバイ。ステゴでクリーチャーを倒せないため、
2対以上は通ってしまう。残HP3!!ピンチ!!

だが諦めない!諦めたら(ry
ここで起死回生の友引Ⅱ!

スタンⅡを使うも間に合わず敗北
・・・・・2枚無いと!2まいぃい!!





■VS 加減乗除さん
調整付き合ってもらった加減さん。
手の内ばれバレー

【第1戦目】
黒青損害水晶でスタート!
に対して、加減さんは黒緑損害水晶!!

ま、まさか!!光じゃない!!!!
というか、逆に嫌な予感!!!

当然パラサを詠唱開始する加減さん!!
なんてこったい。
これを出されると困るのでターン開始時に呪文静止を打つ。
先にパラサが召還される。
呪文静止が発動しない。

泣いた



<加減乗除>:いいことあるさ

(*゚▽゚)



<加減乗除>:まあ、この大会中にはないと思うけどね^^

Σ(゚д゚;)


その後、ステゴで応戦しようとするも亡霊化。
さらに身長偽装材×2で終了。
ヤバスヤバス



【第2戦目】
1戦目と同じ展開。
が、今度は呪文静止が発動。パラサを遅らせることに成功する。
次はこちらがパラサを使う番だぜ!と詠唱開始!
だが加減さんは緑の子鬼を展開。
ぬぅーテンポは取れないのかっ!
ややにらみ合ったままターンが進む。
加減さんの場は緑の子鬼が2体。
静止したパラサがついに召還された。
が・・・これを待ってたぜ!!すかさず3体に友引Ⅱ!!
HPは14ある!
次のターンにパラサを詠唱!このターンしのげば一網打尽だ!

<加減乗除>:予告しよう

<加減乗除>:ゲームは終わった


!!??

と、総攻撃・・・っ
身長偽装材を絡ませるも甘い甘い!
こっちもパラサがいることを忘れちゃ困る!2点ライフゲインで
7点もHPがのこっとるわ!!

そして、次ターン!パラサの効果で!全員!ノンアクティブに!!



>加減乗除の重ね鎌鼬が発動
> →加減乗除の咆哮するパラサウロロフスは先手 , (+3 / +0)の修正 , 「ターン終了時に完全破壊される。」効果を得た。
> →加減乗除の咆哮するパラサウロロフスはアクティブ状態になった。
> →加減乗除の緑の子鬼は先手 , (+3 / +0)の修正 , 「ターン終了時に完全破壊される。」効果を得た。
> →加減乗除の緑の子鬼はアクティブ状態になった。



・・・Oh・・・


負けました。



------------------------------------------------------


というわけで、2連敗。
あと1敗で終了!!
まぁ、連敗で終わったんですけどね!!

3連敗後も1戦してさらに1敗しています。

次回、乞うご期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

猫熊杯(DD大会)~デッキ紹介~

ようやく直近の大会です。

記憶も新しい猫熊杯。
DD限定で予選はバトロワ形式を採用した大会でした。


そんななかで作ったデッキはこちら。



■ステテコ君デッキ
デッキ枚数:40枚
CRC:25F2476A

Crystal - 14枚:35.00%
  2 水のクリスタル
  2 風のクリスタル
  2 闇のクリスタル
  4 青緑損害水晶
  4 黒青損害水晶
Summon - 11枚:27.50%
  3 忍び寄るオヴィラプトル
  4 咆哮するパラサウロロフス
  4 剣竜ステゴサウルス
Sorcery - 15枚:37.50%
  3 エターナルフォースブリザード
  3 呪文静止
  2 アンキロサウルスの尾撃
  2 スタンⅡ
  2 友引Ⅱ
  3 亡霊化




はい!
ステゴザウルスデッキです!!!

大会どころか通常対戦でもめったにお目にかかれないよね!アハ☆!



ステゴでみつてる等をとめつつ、
亡霊化つきパラサでアタックするというコンセプトのデッキです。

パラサのスタン能力とスタンⅡ・・・
これらと友引Ⅱやアンキロとの相性がいいのではまれば強いはず!


で、思ったこと。


何かに使えるかと思ってたエタフォが使えねええええええ!!!
多色対策に入れてたのですが、
光ばっかなんだもん!光ばっかなんだもん!光ばっかなんだもん!!!


あと、基本多色クリーチャーに頼るデッキなので
伊勢海老の格好の餌食。もうね。ステゴでもとまらないっつう訳ですよ。


とにかくエタフォはずしてスタンⅡとアンキロ増やせばよかった。
と思いました!!!




さぁ!次回は怒涛の3連敗+αです。乞うご期待。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

やることは噴出すものですね

泡盛UMEEEEEEEEEEEEEE



さ、て、と

お知らせとかいろいろいろいろあるので
ひとつずつ書いていこうと思います。
カテゴリーは駄文になってますが、それなりな情報もあります。

よろしこ

----------------------------------------------------------

ブードラツール不具合ありました。
ご報告ありがとうございます。

直しましたのでご確認お願いします。


こちらでどうぞ つ「ブードラ部屋





----------------------------------------------------------

続けてFTT大会です。

Wikiに大会内容を記載しました。

こちらです 「第12回FTTリーグ大会

クラスわけについては前回紹介したとおりになります。
ただし、オープンAは予選通過枠を増やしています。

なので、比較的2次予選が発生しやすいかもですね。
参加受付まで時間はあります。
がんばって調整しませうせう。



----------------------------------------------------------

本スレ引用

>CPU周りをスクリプトで自由に追加できるように作業してんだけど、需要あるよね?

ktkr!
ktkr!
ktkr!
ktkr!
ktkr!
ktkr!

まぁ、
真に面白いのは対人戦であるとは思いますが、
調整用のCPUが自作&強化できるのはとてもうれしいですね。

とうとうパーミ使いを作る日が来たか・・・くくく・・・

くじけそうだけどね!!




----------------------------------------------------------

対戦マッチングスレ覗いてます?


なんか、対戦会やるみたい
赤単の対戦会みたいで結構面白そう。
やるなら時間空けば参加したいと思ってます。



となると配信しなくちゃねぇ~

wktkwktk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

サイド大会~対戦レポその2~

はいー
サイド大会その2ですー


激しいサイドデッキの読み合い。
生き残るのはどっちだ!?



■VS RAID5さん

【第1戦目】

RAID5さんは炎クリスタルからバギーを繰り出す。
こちらは空想の鏡と水神の下僕で応戦。
RAID5さんはバギーを追加し、溶岩巨人を展開
負けじと三角海域を貼り、膠着を目指すも
バギーの猛攻は止まらず、さらに巨人が炎の鎧をまとってきて終了。

こ、これがスライか


【第2戦目】
今こそサイド2を使うとき!
猛威を振るえ!逆流Ⅱと津波よ!!

RAID5さんは相変わらず炎一本勝負。
上官→好戦的な鶏→上官とスムーズな展開。
こちらはその間水神の下僕が出せただけ。
徹底した速攻についていけない。ピンチ!

何とか逆流Ⅱを決めるも、こちらのHPは3点。
マグネタンで終了でした。あうあう



■VS saboさん

【第1戦目】

100枚デッキのsaboさん
こちらがセルロイドを並べてるうちに再構築を詠唱。
デッキをガリガリ回す。
隙を見て多頭の梟を出し様子を見る。
とにかくデッキ回転が凄い。
梟で吸い取ろうにも手札加速等で大量補強してくる。

そのまま再構築連打でこちらのライブラリ残が7!!
対するsaboさんは69!うぅ・・・・これはまずい。

しかし、何とかクリーチャーを並べて活路を出す!
攻撃の応酬をするもことごとくバトルスペルで防がれるっ
残ライブラリ6!
ここでようやく梟でsaboさんのDSを吸い尽くす。
saboさんのHP19!
飛行亀と3体の水神の下僕で殴る殴る!防がれる防がれる!
残ライブラリ2!
saboさんのHPも2!!
あとはもうバトルスペル無いことを祈って殴るしかない!!

で、なんとかバトルスペルの数を上回って勝利!あぶなかたー


【第2戦目】
クリーチャーは無いと判断しサイド1へ以降。
再構築デッキならば墓石洗いも通じるはず!

というわけで召還!墓石洗い!!
さらにセルロイド設置!!
さぁ!あとは梟さんでちゅうちゅうだ!!
と、梟さんは呪文停止される。

まってたらさらに呪文停止された。
よっぽど出て欲しく無いらしい。
さらに呪文回収を使うsaboさん。今の呪文停止を持ってくる気か!
そうはさせるかああああ

つ「タイムフリップ」

このカードの効果で!ターン終了をむかえ!
墓石洗いで!呪文停止は消える!!
これが我が能力(ry

さらにカウンター系は尽きたポイので貝の化身を出す。
が、これは因果応報。

そうこうしているまに梟召還。
saboさんは手札補充に再構築を使ったのでこれをカウンター
きっちり梟でDSを吸出し、2枚のセルロイドタイム突入。
フリップをかましてそのまま終了。勝利。



------------------------------------------------------------

さて、
以上で終了です。

サイドデッキは事前と事後の手間がなければガンガンやりたいですねー
楽しかったです!!


以上!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイド大会~対戦レポその1~

さー
対戦レポですよっと



■VS 勇龍さん

【第1戦目】
初手、炎つぶて二連発の勇龍さん。
うーむ。バーンか・・・
とりあえず空想の鏡を出して様子を見る。

と、あっさりドローストックを使う勇龍さん
やはりバーンは手札の消耗が激しい。
しかしマグネシウム弾、灼熱波動と怒涛の火力応酬が始まる。

負けじと下敷きを出して飛行亀を召還
熱波や灼熱波動では亀を倒せずそのまま殴り+下敷きで勝利


【第2戦目】
デッキは悩んだが、
クリーチャー対策は要らないのでサイド1をチョイス。

初手、炎つぶて二連発の勇龍さん。
デジャヴ?
ドローストックを使用したので迷わず下敷きを出す。
そのまま水神の下僕を展開。
灼熱波動を対抗呪文しながら殴りと下敷きビームで削る。

クリスタルが振るわず教頭の憎悪を握らせたまま殴り勝ち

■VS 29さん

【第1戦目】
29さんは呪詛円陣スタート
うーむ。あまり相性がよくないカードだ。
その後、ジャージー様が展開される!!
防衛線×2と水神で迎え撃とうとするもあっさり衰弱。
2体目のジャージーも追加されそのまま殴り負け。


【第2戦目】
ジャージー対抗として飛行亀+逆流しか・・・っ!
と思い、サイド2をチョイス。
うーん。サイド1にすればよかった気がしてます。

29さん順調に呪詛円陣スタート
その後も呪詛円陣を展開・・・呪詛円陣呪詛円陣・・・・

あれ?ジャージー出て来ないんですけど。
さらに29さん吸魂円陣・・・は、はかったな!
この手札盛りだくさんの逆流Ⅱをどうしてくれる!!
クリーチャーを展開するも衰弱等で除去され、そのまま終了。

サイドチョイスの読みを学んだ戦いでした。

■VS SSSさん

【第1戦目】
闇クリから始まるSSSさん。
うーん闇かー
闇は怖いなぁー
とりあえず防衛線を出して様子見。
SSSさんは水晶の髑髏を展開。
動きが分からんので空想の鏡と水神の下僕を出す。
と、ここでSSSさんコックローチ召還!
コックローチならこう着状態にしやすい。と判断。
しかし、
SSSさんかたくなにドローストックを使わないので下敷きが出せない。
というか、恐怖症とかでドローストック追加してくる。
隙を見て出そうとするが、きっちりドローストックを補充。
ぬぅ・・・
場はやや膠着。
コックローチは一杯出ているがこっちには梟と飛行亀が待機。
そして三角海域を敷いて見守る。

どうやって梟で攻撃しようか悩んでいるとSSSさん「邪神の儀式」!!
これで完全に突破され殴り切られる。

くう・・・・・まいったまいった


【第2戦目】
さてさて
ここでのデッキチョイスが重要ですよ。
当然向こうは下敷きを想定してDSを得られるデッキを持ってくる。
ってことはこっちはそれに対応してサイド2で・・・・

と見せかけて!!逆!!そう!!逆だ!!!

サイド1で勝負!!!まさかここで下敷きデッキとは思うまい!!!

さぁ!!何でも来い!!!



>SSSは風炎のクリスタルを配置した


おぉっとはっはっはっは。
おいおいおい。
闇単だろ?闇単なんだろ?

風炎からなにを繰り出すきなんだぃ?
教えてくれよセニョール。
うそだといってよセニョール。


>SSSは突沸を唱え始めた。



勝てるかああああああああああああ!!!





以上!
ここまで1勝2敗。続きは次回!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

サイド大会~デッキ紹介~

サイド大会です。


trickさん主催のサイドボードを再現しようとした試みの大会ですね。
デッキ作る手間がかかるけどなかなか面白かったです。


さて、私が使ったデッキはこちら。



■メインデッキ
CRC:4680C0B8
Crystal - 14枚:35.00%
  2 光水のクリスタル
  4 水のクリスタル
  1 光のクリスタル
  4 光水の原石
  3 光水鉱
Summon - 10枚:25.00%
  3 飛行亀
  4 水神の下僕
  3 多頭の梟
Sorcery - 2枚: 5.00%
  2 対抗呪文
LandSpell - 14枚:35.00%
  3 魔の三角海域
  3 空想の鏡
  4 防衛線
  4 書かれた紙の下に置かれた狡猾なセルロイド板



まずはメインデッキから紹介します。
見ての通り、下敷きデッキですね。
「多頭の梟」がキーでございます。

基本戦略はクリーチャー展開で殴れるなら殴って
殴れないなら防衛線、三角海域、空想で膠着に持ち込み、
下敷きで緩やかに相手が滅するのを待ちます。


弱点:光水だと誰一人ドローストックを使わないヨ。ママン


何でこのデッキを選んだかというと、
入れ替える内容によってデッキの動きを一変できると思ったからです。

というわけで、サイドデッキの方を紹介しましょう。




■サイド1
CRC:B138901D

IN  :対抗呪文*1、タイムフリップ*2、貝の化身*3、墓石洗い*2
OUT:防衛線*1、飛行亀*3、水神の下僕*1、空想の鏡*3

メンドイのでINとアウトだけ。
クリーチャー郡をごっそり抜いて、フリップと貝の化身を新規投入。
下敷き頼りのコントロールデッキにシフトします。
相手のクリーチャーが薄い場合に有効だと思います。
墓石洗いは再構築+リアニ対策でした。
とりあえず使えそうだからいれとけーみたいな。



■サイド2
CRC:D2B77719

IN  :飛行亀*1、津波*2、霊魂逆流Ⅱ*3、スカイフィッシュ*2
OUT:防衛線*1、魔の三角海域*3、書かれた紙の下に置かれた狡猾なセルロイド板*4

はい。
今度こちらは下敷き全抜きでクリーチャーサポートを強化します。
一方的に相手クリーチャーを流せる津波と逆流Ⅱ。
多頭の梟を優秀なアタッカーに変えるスカイフィッシュを投入しました。
クリーチャー対策が弱いと感じるか、下敷きが効かない相手に
このデッキをチョイスします。




もーーー
全体的に一番苦労したのはクリスタルバランスですよ!!!

サイド1とサイド2で属性拘束一変するから大変でした!!


現状で果たしてベストだったのか今でも悩みます。

うーむ・・・・




次は対戦レポです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジェンドカップ~レポ~

さて、
サクサクと大会報告しましょう



レジェンドカップです。
伝説を入れ、なおかつ活躍させるデッキのみの大会です。

伝説のカードも増えており、
こういう大会も出来るまでになったのだなぁとひしひしと感じました。




さて、私のデッキです




■マリスは大変なものを(ry

デッキ枚数:40枚
CRC:3800DE89

Crystal - 14枚:35.00%
  6 闇のクリスタル
  4 闇水鉱
  4 黒青損害水晶
Summon - 8枚:20.00%
  4 マリスの人形
  4 水神の下僕
Sorcery - 8枚:20.00%
  2 即死
  3 呪文加速
  3 クローニング
LandSpell - 3枚: 7.50%
  3 湖畔の滑走路
BattleSpell - 7枚:17.50%
  3 突然死
  2 支援狩り
  2 魔力変換

はい。
愛すべきマリスデッキです。

ABCDを始めた初期から愛用しているデッキであり、
バージョンアップの度に改造するほど愛着があるデッキです。


今回は水をタッチし、匠な動きを目指しました。
各種ドローと滑走路でマリスタンを通しやすくします。

また、相手も伝説を使うので突然死、魔力変換などが刺さります。
さらにさらに
伝説クリーチャー+強バトルスペルは永遠のロマン。
あえて、支援狩りを採用しました。使いませんでしたが。

呪文加速はマリスのいい相棒です。

難点は動きが遅いことです。
自爆ダメージ手段が損害水晶しかないため、
せいぜい5/5程度しか期待できません。
相手がガリガリ削ってくれればいいのですが、
やりすぎるとマリス出しても勝てませんし。

もうすこしとんがったデッキでもよかったかも知れません。反省。


っていうか
蓋を開けるとマリスたん使ってる人が一番多かった。



やっぱり、みんな好きなんだね☆



------------------------------------------------------


さて、続けて対戦レポです。
1回戦負けしてるので簡単です。ええ・・かんた・・・・うっ・・ん・・
な、泣いて無いもん!



■VS 勇龍さん

【1戦目】
初期手札からマリスを引くもクリスタルがいまいち。
ひきなおす。マリスなし。
ひきなおす。

>あなたは「黒青損害水晶」 , 「闇のクリスタル」 , 「マリスの人形」 , 「闇のクリスタル」 , 「闇水鉱」を引いた

ほぅ・・・
orz

仕方ないのでクリスタルを展開していく。
勇龍さんは虹のクリスタルを展開。・・・五色・・・か?

しばらく様子を見ていると
おいでましたのは「不死鳥の雛」!
やや削られながら、水神の下僕で応戦する。

少しの膠着。
破ったのは勇龍さんの2体目の伝説「荘厳なる水竜」の登場!

ガリガリHPを削られ、残り5。
いまだー!!マリスタン+呪文加速発動!!
滑走路に乗っけて9/9飛行マリスタン完成!!!!

手札には即死、突然死、魔力変換!!
いける!!
マリスタンアターーック!!



>勇龍の応報カウンターが発動
> →itachiに9点のダメージ
> →itachiのマリスの人形はノンアクティブ状態になった。




ぐふぁっ(吐血)


【2戦目】
こっちのデッキはネタばれしてるし、
向こうは応報カウンターなんて持ってるしで激しく勝てる気がしない。

こうなるともう応報カウンターを引かないでもらうしかない。
あと、速さ!速攻で叩くしかない!


ってわけで、
HP差がほとんど無いけど4ターン目でマリスタン詠唱開始!
HPなんぞ損害水晶さえあればなんとでもなるわー!
フハハッハハハハハハ

>itachiのマリスの人形が発動
> →マリスの人形は(-1 / -1)の修正を得た。
>itachiのマリスの人形は破壊された。

なりませんでしたー!!
そのスキに勇龍さんは館長(!)と鐘を鳴らす天使召還!

さらに水竜と雛も追加!!
一気にピンチ!!

ボコボコにされる!
残りHP5!!


ククク・・・

かかったな!!俺の手にはクローニングがあったのさ!!!

復活せよマリスタン!!
10/10となって蹴散らしたまえ!!!

手札には突然死が2枚に魔力変換もあるわー!!
フハハハハハハアハハこんどこs





>勇龍の館長が主砲発射の効果を発動
>itachiに5のダメージ





僕の大会が終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

第12回FTT大会はっじまっるよー



ってことでええ!!!



第12回FTT大会!!


はっじまっるよ~~~~~♪









リーグ形式のガチンコバトル!!

今回のレギュレーションは・・・・




 SE + UA です!!!




あえて!
DD全盛の今あえてこのレギュですよ!!


日程とクラス分けは下記の通り。
今年もまた血で血を洗うバトルが始まる・・・っ!!!


■開催期間
 ・参加登録期間
   9月27日受付開始~10月11日〆

 ・大会期間
   10月12日:組み合わせ発表
   10月12日~10月25日〆:第一次予選

   以降、予選通過人数により決定・・・



■予選のクラス分け(暫定案)
 ・オープンA
   過去FTT大会決勝進出経験者
 ・オープンB
   過去FTT大会2回以上参加者
 ・ビギナー
   FTT大会今回初参加者 or 過去1回のみ参加者



以上!!
意見とかいろいろ募集!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

末期


-===:> < デンデデッデデレデンデデッデデレデンデデッデデレデンデデッデデレ




        ヘエーエ エーエエエー
-===:> <  エーエエー ウーウォーオオオォー
        ララララ ラァーアーアーアー


        ナァォォォォ オォォォォ
==Σ=:> < サウェェェアァァァァ アァァァァ アァァァァ アァァァァ
        イェェェェェェェェェゥゥアァ…



       ヘェーラロロォールノォーノナーァオオォー
       アノノアイノノォオオオォーヤ
<:==:> < ラロラロラロリィラロロー
       ラロラロラロリィラロ
       ヒィーィジヤロラルリーロロロー




-===   <  ……





。←空想物体あらわる!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »