« 抽出大会レポ | トップページ | 資産管理対戦ツール »

2008年3月11日 (火)

新テストバージョンでたっさー

でたっさーでたっさー
というわけで、91氏の修正内容をバージョンアップ情報風にまとめてみたヨ!


--------------------------------------------------

【30fを50fに】
・「火炎弾」30f→50f
・「再動」30f→50f
・「無謀な格闘家」30f→50f
・「遠隔透視機」30f→50f
・「霊魂逆流」30f→50f
・「デジャブ」30f→50f
・「呪詛円陣」30f→50f
・「衰弱」30f→50f
・「凍てつく波動」30f→50f
・「ヒーリング」30f→50f
・「現状復帰」30f→50f
・「傾向と対策」30f→50f
・「打撃の極意」30f→50f
・「風速」30f→50f
・「竜巻射出機」30f→50f
・「巻雲」30f→50f
・「人体発火」30f→50f
・「プラズマ射出」30f→50f
・「手榴弾」30f→50f
・「ポールシフト」30f→50f
・「葉巻型円盤」30f→50f
・「防衛拠点」30f→50f
・「呪詛置換」30f→50f
・「クリタ」30f→50f
・「呪文再現」30f→50f
・「受験失敗」30f→50f
・「猫缶」30f→50f
・「猫化病G」30f→50f
・「呪詛逆流」30f→50f
・「光速Vレーザー」30f→50f

【微弱化(詠唱時間が長くなった】
・「呪文回収」150f→200f
・「低速取得」1100f→1200f

【微強化(詠唱時間が短くなった】
・「凶暴化」150f→100f
・「キャトル・ミューティレーション」300f→100f
・「怒り爆発」400f→300f
・「ステルス手術」30f→0f
・「腐肉象」350f→200f
・「腐肉熊」350f→200f
・「腐肉鶏」300f→200f
・「首無し鶏」350f→300f
・「大腿骨を折る者」350f→300f
・「毛皮を鞣す者」350f→300f
・「無名の壁」400f→300f
・「仮想塹壕」400f→300f
・「加速装置」400f→300f
・「水猫」400f→300f
・「子鬼」400f→300f
・「蛇型機械」400f→300f
・「水熊」400f→300f
・「白猫」400f→300f
・「格闘僧」400f→300f
・「深淵の鮫」400f→300f
・「違法融資機」400f→300f
・「電磁嵐」400f→300f
・「ステルスの天女」400f→300f
・「護巫女」400f→300f
・「黒騎士」400f→300f
・「ヴァルキリー」400f→300f
・「幽霊兵招集」400f→300f
・「直立子安熊」400f→300f
・「メカファルコン」400f→300f
・「潜水兵」400f→300f
・「白熊」400f→300f
・「暗黒力」400f→300f
・「整備兵」400f→300f
・「掘り返し」400f→300f
・「盗掘」400f→300f
・「試作魔獣」400f→300f
・「基本装備」400f→300f
・「総力戦」400f→300f
・「水翼」400f→300f
・「追撃風」400f→300f
・「竹林の探索者」400f→300f
・「密林の探索者」400f→300f
・「不死鳥の雛」400f→300f
・「流砂の渦蜘蛛」400f→300f
・「グレムリンの修理工」400f→300f
・「タスマニアデビル」400f→300f
・「フィラデルフィア実験」400f→300f
・「静かなるクーガー」400f→300f
・「モンゴリアンデスワーム」400f→300f
・「霊魂退行」400f→300f
・「呪詛洗浄」400f→300f
・「ピンクの象」400f→300f
・「首無しライダー」400f→300f
・「軍隊蟻」400f→300f
・「多頭の梟」400f→300f
・「燃え豚」400f→300f
・「緑色の悪魔」400f→300f
・「試作兵甲乙」400f→300f
・「上品なコンプソグナトゥス」400f→300f
・「Wレーザー」400f→300f
・「年老いた教官」と「焔巫女」のスキル「継承」を30f→0fに
・「密林の探索者」と「竹林の探索者」のスキル「探索」を200f→50fに
・「館長」のスキル「主砲発射」を200f→50fに

--------------------------------------------------


こんな感じだね!
30fを50fにするのは、まぁ、当然ってことで置いといて。
注目したいのは他のカード達ですね。


まず、弱体化・・・つまり詠唱時間が長くなったものについて。

・「呪文回収」150f→200f
・「低速取得」1100f→1200f


30f→50fを除けばこの2枚だけですね。
呪文回収は150fのままでも50fは間に合わないと思うので(数フレームは進んでしまうから)
あまり危険が無いような気もしますが・・・結果は一緒なのでまぁ、いっか。
分かりやすいといえば分かりやすいかもですね。

低速取得は賛否ありそうです。が、
FCもあるし、こんなもんかもナ。ってところでしょうか。


どちらにしろ、大きく環境には影響しないと思います。
土台生成。基準生成という意味合いでは良修正かも知れません。



次に強化カード陣ですね。
いっぱいあります。

主にメスが入ったのは300f、350f、400fですね。
その中であまり目立ってないカードが修正されてます。

とはいえ、ほとんどが戦闘不可時間にあわせた修正ですね。
スキル修正を除いてのいくつかの例外は

・「凶暴化」150f→100f
・「ステルス手術」30f→0f
・「キャトル・ミューティレーション」300f→100f

この3カードになります。
凶暴化、キャトルは戦闘前に使用可能になりました。
これはかなり評価が変わりそうな予感ですね。
ステルス手術においても0fと、相手を見てから詠唱が可能になりました。

でも、火炎弾使われた後ステルス手術とか意味無いお・・・
せいぜい、出した瞬間ステルス化!見たいな使い方かなぁ・・・・

どっちにしろ微妙カードの域は抜けない予感。


後はスキルも少し修正が入っています。

・「年老いた教官」と「焔巫女」のスキル「継承」を30f→0fに
・「密林の探索者」と「竹林の探索者」のスキル「探索」を200f→50fに
・「館長」のスキル「主砲発射」を200f→50fに

全て強化です。
「継承」に関しては0fと使い勝手さらにうp!
30fでもそれなりに使えると思っていたので十分選択肢に入るレベルだと思いました。

「探索」「主砲発射」も戦闘前に使用可能になりました。
探索に至っては
 ターン終了時構え→次ターン50f発動→DS使用→100fの余裕で詠唱
という流れも期待出来そうです。

主砲発射に至っては館長ハジマタといわざるを得ない。
館長スキーとしてはGJといわざるを(ry



以上!


目立って大きい修正が無い分、
とりあえずこれを土台に進めてもいいんで無い?と思ってます。

もっといえば、
これで150f版正式バージョンとしてリリースってのもひとつの手かと。


オゴボゴや全生やエネ変についていろいろ保留になってるけど、
いったんFixしてもいいと思うんだ。



そんな感じでした。

|

« 抽出大会レポ | トップページ | 資産管理対戦ツール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64082/11169397

この記事へのトラックバック一覧です: 新テストバージョンでたっさー:

« 抽出大会レポ | トップページ | 資産管理対戦ツール »