« 第10回FTTリーグ大会~デッキ公開所~ | トップページ | ver1.94レビュー »

2007年7月13日 (金)

第10回FTT大会用だんぱさんのデッキインタビュー

チャットにて、
だんぱさんのデッキを紹介しよー
という流れになりまして、

せっかくだからインタビュー形式で・・・・!

というわけで、やっちゃいました。

特別企画

第10回FTT大会用だんぱさんのデッキインタビュー

--------------------------------------------------

■とりあえず対戦

まず、挨拶をそこそこして対戦しました。
ふふふ。予選全勝突破のその実力。見せてもらおう!!

ま、惨敗しました。

<だんぱ>:晴れ舞台で事故しかけるとわ^^;

オレ、どんだけー・・・・orz

■デッキレシピ公開
<itachi>:でわでわ、早速レシピをいいですか?
だんぱはデッキを公開した。

■ダークバーン
デッキ枚数:40枚
CRC:E349CDA0
炎:17 闇:09 無:14Crystal - 14枚:35.00%
(Basic - 5枚:12.50%)
  4 炎のクリスタル
  1 闇のクリスタル
  2 闇炎のクリスタル
  2 闇炎の原石
  4 闇炎鉱
  1 黒赤損害水晶
Summon - 3枚: 7.50%
  3 耐熱定規
Sorcery - 12枚:30.00%
  4 劣化マグネシウム弾
  4 手榴弾
  4 灼熱波動
LandSpell - 5枚:12.50%
  3 呪詛円陣
  2 忘れられた不発弾
BattleSpell - 6枚:15.00%
  3 突然死
  3 損害賠償

<だんぱ>:こんなっす
<itachi>:おー

<itachi>:簡単な動きをお願いします
<だんぱ>:基本は、相手を焼く。
<だんぱ>:ピンチになったら、つど防御のカードをつかう
<だんぱ>:以上w

<itachi>:分類的にはダークバーンなんですよね?
<だんぱ>:そうだと思います。

<itachi>:あまり流行っていないデッキではあると思うのですが
<itachi>:普通のバーンとの大きな違いはなんですかね?

<だんぱ>:まずカウンター耐性、次に軽く組めるところだと思ってます
<だんぱ>:いままでのバーンがカウンターデッキと戦うときって
<だんぱ>:たいていラスト1発をカウンターされ続けて負けるんですね

<itachi>:ミサイルカウンターで泣いた人は多いでしょうねw
<だんぱ>:で、それを解決した1枚が呪詛円陣だと発見したんです
<だんぱ>:放置してるだけで相手のHP減り続けますからね

<itachi>:なるほど
<itachi>:確かに軽いから序盤に出ますし、通りやすいですよね

<だんぱ>:攻めの遅いコントロールにはとにかく強いですね
<だんぱ>:攻めてくる頃には、損害賠償が待ち構えますから

<itachi>:おぉ
<itachi>:損害賠償の世間の評価が低いのが不思議ですよねw

<だんぱ>:いまだと、ドラフトで評価覆されてるんじゃないですかねw
<itachi>:あるあるww

■むしろ入れたくなかった1枚なんですよ
<itachi>:あと、目を引くカードは忘れられた不発弾ですかね
<だんぱ>:不発弾は
<だんぱ>:対ビートダウン相手の抑止力というか
<だんぱ>:簡単に全軍アタックしてくるな!って主張するための1枚でした

<itachi>:じゃ、発動することはあまり期待して無いんですね
<だんぱ>:呪詛円陣と灼熱波動があるから発動の調整しやすいんで
<だんぱ>:接戦では大いに期待してますよw
<だんぱ>:現に、これが決め手になったマッチは複数あります

<itachi>:何気に損害水晶もありますしねw
<だんぱ>:損害水晶は、むしろ入れたくなかった1枚なんですよ
<itachi>:あ、そうなんですか?
<だんぱ>:属性バランスを調整するうえでやむなく入れたんですが
<だんぱ>:自分に2点はこのデッキにとって痛すぎるんです

<itachi>:クリスタル調整は難しいですからねぇ・・・なんともかんとも
<だんぱ>:損害水晶のおかげで勝てるゲームもありますが
<だんぱ>:負けるゲームの方が多いなって印象です

<itachi>:それゆえの1枚って感じですね!
<だんぱ>:えぇ。それでもドロー能力高いデッキなんで、結構引くw

■デッキを大きく3つに区別してるんです
<itachi>:それじゃ、FTT大会のメタの話をしてもいいですか?
<だんぱ>:どぞどぞ
<itachi>:今大会はメタがほとんど無いカオスだったと思うのですが
<itachi>:数あるデッキタイプからこのデッキをチョイスした理由はなんでしょうか?

<だんぱ>:そもそもの話から始めますと
<だんぱ>:自分はデッキを大きく3つに区別してるんです
<だんぱ>:ビートダウン、対ビートダウンのコントロール、対コントロールのコントロール
<だんぱ>:の3つです

<itachi>:ほう。興味深い分類ですね
<だんぱ>:最速で殴り倒すデッキ→それに勝てるデッキ→それに勝てるデッキ
<だんぱ>:みたいな感じですw

<itachi>:じゃんけんの図式ですねw
<だんぱ>:で、どれに該当するデッキが多そうかなって予想して
<だんぱ>:それに有利なデッキ群から、選ぼうっていうのが基本にあります
<itachi>:おぉー為になるなぁw
<だんぱ>:例えば、全生デッキは対ビートダウンのコントロール
<だんぱ>:パーミッションは対コントロールのコントロールって認識してます

■最後は自分の得意なデッキで勝負するじゃないですか
<だんぱ>:その上で、FTTの話に戻りますが
<だんぱ>:オープンはビートダウンだらけで、ビギナーはコントロールだらけと
<だんぱ>:面子から勝手に想像してたんですよ

<itachi>:ちょw
<itachi>:面子からですかww

<だんぱ>:えぇ
<だんぱ>:悩みに悩むと、最後は自分の得意なデッキで勝負するじゃないですかw

<itachi>:図星過ぎてこまるwwww
<だんぱ>:なんで、まず予選勝ちたいんでコントロールに強いデッキ
<だんぱ>:そのうえで、そこそこビートダウンにも抵抗できるような
<だんぱ>:強さのデッキが欲しかったんですね

<itachi>:うーんそれって結構難しいですよね・・・・
<だんぱ>:そうですねー
<だんぱ>:バーンそのものが、コントロールに強く、灼熱波動の分
<だんぱ>:ビートダウンにもそこそこって思っていたんですよ

<itachi>:そうですね。灼熱ツヨスw
<だんぱ>:ただ、バーンは宿命的にカウンターデッキに弱かったんで
<だんぱ>:そこだけ何とかできないかと思っていてたどりついたのが
<だんぱ>:呪詛円陣でしたと

<itachi>:なるほど

<だんぱ>:で、非凡賞の勇龍さんのデッキが、かなり近しくて
<だんぱ>:骨組みは相当参考にしました

<itachi>:やっぱり優勝デッキって言うのは一味違いますよねw
<だんぱ>:非凡賞が結局ビートダウンが最大勢力だったんで
<だんぱ>:そこを勝ってきてるのは、ある程度ビートダウンにも強い骨組みだなって
<だんぱ>:ある程度確信はもてました

<itachi>:鋭い分析力でございます。感服
<だんぱ>:いやいや・・・

■実質トーナメントでした
<itachi>:さて・・・
<itachi>:今大会非常に惜しくも優勝を逃したわけですが
<itachi>:簡単な感想と反省点、良かった点なんかを聞かせていただけたらと思います

<だんぱ>:いろいろ出来すぎでした。正直
<itachi>:え。そうなんですか?
<itachi>:連邦のだんぱは化け物か!?見たいな印象だったんですが

<だんぱ>:初戦いきなり負けそうでしたからw
<itachi>:なんと・・・
<itachi>:でも予選全勝ですよね?

<だんぱ>:相手が「紫鏡を引いてない」賭けに勝ったのが初戦ですw
<だんぱ>:あとは、相手が引きなおしてクリスタル0で勝ったりとかw

<itachi>:運も実力実力w
<だんぱ>:まぁ予選は、バーンデッキなら勝てるって相手にも恵まれて
<だんぱ>:なんとか突破できました

<itachi>:決勝は、唯一ひでさんに負けて、そのままひでさんが優勝という
<itachi>:ドラマティックな展開だったわけですが

<だんぱ>:えぇ、実質トーナメントでしたw
<itachi>:ww
<itachi>:ひでさんに負けた敗因を激しく聞きたいんです!

<だんぱ>:1戦目、相手が引いたのはHP3ばかり&突然死はずした
<だんぱ>:2戦目、事故で展開が遅れまして・・・
<だんぱ>:敗因は以上ですw

<itachi>:ちょwwww
<itachi>:展開が遅れたのはバーンデッキとしては致命的ですね・・・

<だんぱ>:それなのに灼熱4枚引くとかでしたから、かみ合わなかったです

<itachi>:(というか、見る限りデッキに悪い部分は無いという自信も伺えるw)
<だんぱ>:デッキの弱点は、引きがかみ合わないとあっさり負けるところですw
<itachi>:それこそまさにバーンの宿命w
<itachi>:常套句「回れば強い」wwwww
<だんぱ>:まー、正直ひでさんには格の差を感じました。
<itachi>:おぉ
<だんぱ>:だから、結果には納得してますし、準優勝は出来すぎかなって思います
<itachi>:謙虚だなぁ。ほろり・・・・コレからが怖いw

■最後に!
<itachi>:じゃ、ちょうどいい雰囲気なんで
<itachi>:最後に何か一言お願いします!

<だんぱ>:一言だけですか!?
<itachi>:じゃ、二言w
<だんぱ>:どうもw
<だんぱ>:まず、itachiさん主催ありがとうございました。おつかれさまでした
<だんぱ>:次に、私は大会に全力を尽くすことで強くなれると思っているので、
<だんぱ>:今後も盛り上げていきましょう!
<itachi>:おー!
<だんぱ>:最後
<だんぱ>:「まさに地雷」なデッキでも、チャンスはあるよ!!

<itachi>:すばらすぃww
<itachi>:今回はどうもありがとうございました~

<だんぱ>:こちらこそ、お付き合いいただきありがとうございますー



--------------------------------------------


楽しかったですw

ありがとうございました~

|

« 第10回FTTリーグ大会~デッキ公開所~ | トップページ | ver1.94レビュー »

コメント

おー、素晴らしい企画&記事ですねー。
だんぱさんの考察の深さが前面ににじみ出た
インタビューで、さすがだんぱさん、とうなってしまいました。
HP3以上は突然死か灼熱2発しか
対処方法がないというところが弱点でしょうかねえ。
やはりホード相手には分が悪かったようでした。

投稿: ひで | 2007年7月13日 (金) 21時45分

itachiさん、早速ありがとうございます!
改めて見返すと、頭痛が痛い系の発言量に恥ずかしくなるw

明確な弱点の一つは超進化ですね。
ダメージ量が半端ないんで、火力での挽回は相当厳しいです。
カウンターホードと純正orフォンドボー入りバーンには
足掻いても勝てなさそうです。

投稿: だんぱ | 2007年7月14日 (土) 00時16分

チャットでなんのことかと思ったらこのことでしたかw
むしろ光栄の限りで。
デッキの読みも感服なんですが、面子から
ビギナー コントロール  オープン ビートダウン
ってのが本当にドンピシャ過ぎて底知れなさを感じます・・・。

投稿: 勇龍 | 2007年7月15日 (日) 00時40分

面白いインらビューありがとうございます。

><だんぱ>:オープンはビートダウンだらけで、ビギナーはコントロールだらけと
><だんぱ>:面子から勝手に想像してたんですよ
読みがどんぴしゃ過ぎる・・・!
勉強になりました。

投稿: Lazy | 2007年7月16日 (月) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64082/7126960

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回FTT大会用だんぱさんのデッキインタビュー:

« 第10回FTTリーグ大会~デッキ公開所~ | トップページ | ver1.94レビュー »