« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

FTT大会募集始めたけども

フライングして募集開始しちまったわけですが、
登録記事を出してるときは新しい記事を書くかどうか悩むorz


見難くなるかなー・・・・と


とりあえずタイトルの部分にはリンク貼っといた。
ガンガン登録してくれ~。





さて。

当然メタ予想なりなんなりの話をしようと思ってるんですけども、
なんか、全然ワカンネ。



バトロワの時も分からなかったけど、
あの時はデッキを2個登録できたからややメタ無視めで登録できた。


今回は1個登録のガチンコだからそーも言ってられない。
と言っても、ネタに走りたい衝動もあるので悶絶中。


ちゅうか、

「これはねーよwwww」

ってデッキってあるかな?
無属性蟻さんデッキとかかにゃ?


うおぉ!自分の中のネタ成分が足りないよ!!
し、しし・・・新ネタをクレーーーーー!!!



--------------------------------------------------


今回、対象バージョンが、1.90になったわけですが、
今週末あたりで1.91が出たらちょっと悩みそうww




でも、今週末時点で「1.91でやりまーす!」って言われても困るよね?
でもまだエントリー期間終了したわけじゃないし・・・・ムムムム・・・・・




と悩みに悩んだ末、バージョンアップされなかったりしてね!

HAHAHAHAHAHAHA・・・・・・・・・・・orz



--------------------------------------------------



今回も例に漏れず、
参加選手の紹介記事を作ろうと思いますが、
自分が主催者だと自作自演臭が強くなって「なんだかな」と思ってしまいますw











やるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

第10回FTTリーグ大会CRC登録所

第10回FTTリーグ大会~Summer Madness~

CRC登録はこちらでお願いします。

大会ルールはこちら
大会エントリーはこちら

期限:6月16日〆

【テンプレ】
名前:
CRC:
コメント:

| | コメント (32) | トラックバック (0)

第10回FTTリーグ大会登録所

第10回FTTリーグ大会~Summer Madness~
エントリー受付場所です。コメントにてエントリーしてください。
フライング受付開始!

ルールはこちら

期限:6月16日〆

【テンプレ】
名前:
オープンorビギナー:
サーバー可orCO:
コメント:

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

たぁぁあっぐ!

タッグマッチ大会無事終了したようです!

参加こそ出来なかったものの、きっちり観戦はさせていただきました!
いやー熱い試合でした。



Wikiのほうにログもあがってるようなので
見逃してしまった皆さんも是非見てみてくださいね!


お勧めは「風邪氏さん vs RAID5さん」戦と「K_Nineさん vs tricktrapさん」戦ですね~
熱い!
実に熱い戦いでした!!!



またやる機会があれば、
先鋒の試合結果が次鋒の対戦に反映されたりするとより深い戦いになるかも。
期待期待。



ともあれ、主催者様・参加者様お疲れ様でした。


----------------------------------------------------------

ドラフトWikiのほうを編集しました。

以上で、SE、UA、DDの環境でのタイトルマッチになります。

コレを機に気分転換でちょっとドラフトなんかをやってみてはいかがでしょう?
DDのカードプールはなかなか楽しいデスヨー



---------------------------------------------------------


来週からはいよいよ本格的にFTT大会に向けて始動。



大会Wikiもガンガン利用させてもらいます!
がんばるぞー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

ドラフトタイトルマッチ~ルール改定&大会情報~

立て続けになりますが、
今度はドラフト大会および、タイトルマッチに関する報告です。




とりあえず、下記ルールにて決定にしようと思います。
やっていく中で問題が出たら変更します。


■ドラフトルール
 ・12パックソロモン
 ・エキスパンションもSE*4、UA*4、DD*4、と固定。
 ・最初にあけるパックもSE、UA、DDひとつづつで固定。


■観戦についてのルール
 今までは、原則として観戦のもとでとり行うとしていましたが、
 対戦報告さえきちんとして貰えるならば、観戦なしでも良しとしようと思っています。
 (基本、観戦推奨ですが)


■細かいタイトルルール改正
 タイトルについては現状これ以上増やすつもりはありません。
 
 ただし、タイトル戦が活発にならないのも比較的アレなので、
 どこかで、ドラフト対戦報告があがっていないタイトル保持者はタイトル剥奪をする・・・ 
 見たいなポイントを作ろうと思います。
 様子見て停滞してたらの話ってことで。

 あと、タイトル「覇王」について。
 『名人、札聖、勝龍、札王、猫王の5タイトルを持っているときに挑戦権が発生』
 というルールにします。
 なので、一度GETすればそれは保持されます。
 ってことでひでさんの覇王タイトルを復活させました。


--------------------------------------------------------------
【第2回D1グランプリ ルールサマリー】
ルールがいくつか前回と異なっています。(文字色を変えて表示)

■運用ルール

大会は、トーナメント形式で行う。
大会参加者は定められた日時時点でのタイトル保持者のみとする。
(ただし、誤爆王、誤爆聖、誤爆神、介錯人、断罪人、死神のタイトルは対象外)
今大会中の対戦は「昇段戦」としては扱わず、段位の変動は発生しない。
定められた日時から約1週間の期間で大会エントリー受付。


■トーナメント要項
組み合わせは、保持タイトルによって強制的に決定される。
もし、2つ以上タイトルを保持している場合は好きなほうを選択できる。
(選択する場合、エントリー申請時に申告)
タイトル保持者が存在しなかった場合、その対戦相手は不戦勝とする。


■トーナメントスケジュール
タイトル確定日:8月3日〆
エントリー受付:8月4日~8月10日〆
対戦期間   :8月11日~


■優勝賞品
トーナメント優勝タイトル「第2回D1チャンピオン」
(こういうの賞品って言うのかなぁ(汗))


■トーナメント表
※誤爆系、介錯系のタイトルは含みません。
 今回は完全ランダムで決定しました。

               ┌─<無謀王>
             ┌┤
             │└─<単色魔王>
           ┌┤
           ││┌─<神速王>
           │└┤
           │  └─<戦神>
       ┌─┤
       │  │  ┌─<塔将ダイモス>
       │  │┌┤
       │  ││└─<猫王>
       │  └┤
       │    │┌─<第1回ドラフトリーグチャンピオン>
       │    └┤
       │      └─<勝龍>
優勝 ─┤
       │      ┌─<戦星>
       │    ┌┤
       │    │└─<勝虎>
       │┌─┤
       ││  │┌─<無謀神>
       ││  └┤
       ││    └─<名人>
       └┤
         │    ┌─<札王>
         │  ┌┤
         │  │└─<覇王>
         │┌┤
         │││┌─<戦人>
         └┤└┤
           │  └─<札聖>
           │
           └───<第1回D1チャンピオン>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

第10回FTTリーグ大会~Summer Madness~ルールサマリー

第10回FTTリーグ大会のルールサマリーを記載します。
基本この体制で行くつもりです。

ご意見あればコメントお願いいたします。

※規模縮小が出来そうになかったので、対戦期間を2週間に延ばしました。
  だんぱさんご指摘感謝です。



■スケジュール
 ・6月1日エントリー受付開始
 ↓
 ・6月9日〆受付終了→組み合わせ発表→1次予選開始
 ↓
 ・6月23日〆1次予選終了→組み合わせ発表→2次or決勝開始


■レギュレーション
 ・全エキスパンション対象の構築戦
 ・2本先取制
 ・リーグ形式


■リーグ戦の運用ルール
以下の手順でリーグ戦を運用して行こうと思います。
対戦管理は、「大会運営Wiki」にて行う予定です。

①参加者募集
 1週間の期間を設けて当ブログで参加者を募集します。


②予選リーグ組み合わせ決定
 クラス別に乱数によって組み合わせを決定します。

 1次予選は下記クラス別にグループを作ります。

  ・オープンクラス  :過去FTT大会出場経験 2回以上有り
  ・ビギナークラス  :過去FTT大会出場経験 2回未満

 それぞれのクラスで3名ずつ、合計6名が予選通過となります。
 (ただし、エントリー人数によってはクラスで4名通過となる場合があります)
 エントリー人数によってグループ数と通過基準を制定します。

 (以下参照)
  1)クラスのエントリー数が3名以下の場合
   もうひとつのクラスに統合。
  2)クラスのエントリー数が4~7名の場合
   1グループにて行われ、予選通過者は1位、2位、3位の3名となる。
  3)クラスのエントリー数が8名の場合
   2グループにて行われ、予選通過者は各グループの1位、2位の計4名となる。
  4)クラスのエントリー数が9名~15名の場合
   3グループにて行われ、予選通過者は各グループの1位となる。
  5)クラスのエントリー数が16名以上の場合
   4グループ以上にて行われ、予選通過者は各グループの1位となる。
   →クラスのグループ数が5グループ以上となった場合、2次予選が確実に発生する。   


③予選リーグ開催
 2週間の期間にて予選リーグを開催します。
 一回勝利で勝ち点3。
 未消化試合に関しては勝ち点1とします。
 (基本、未消化はCO同士、時間的都合等の妥当な理由にてお願いします)
 各グループの1位が予選通過となります。
 3つ巴など、勝ち点1位が複数存在する場合、

  1.獲得試合数が多い ※5/25変更
  2.直接対決の勝利者
  3.喪失試合数が少ない


 の条件順で、順位を決めます。
 それでも複数存在する場合、全員予選通過とします。

④第2予選の検討
 予選通過者が7名を超えた場合、第2予選を開催します。
 第2予選は、クラス無関係で再度グループを作成し、予選と同様に行われます。

 ただし、勝ち点1位が複数人存在する場合の条件順に
  4.エントリーが早いほう
 が追加されます。
※5/25追記

 この予選は、通過者が7名以下になるまで第3、第4と行われます。

 2次以降の予選はクラスに関係なく、2グループ以上で行われます。
 グループ分けの基準はなるべく人数が均等になり、グループ数が少なくなるように分配します。
 ただし、1グループの人数は7名以内とします。
 (8名→4:4、9名→3:3:3、10名→5:5、11名→6:5、12名→6:6)

 2次予選の通過者も6名を基準とします。
 1グループの予選通過人数は(6÷グループ数)になります。
 (9名→3:3:3の場合、各グループ1位2位の2名ずつ計6名が予選通過)
 グループ数多数等で通過者が8名以上の場合は3次予選へと続く形になります。

⑤決勝リーグ開催
 2週間の期間にて決勝リーグを開催します。
 決勝リーグは1つのグループで総当り対決となります。
 順位決定は予選と同じ基準で決定します。
 1位に輝いた者が晴れて優勝者となります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

初戦敗退とわ・・・orz

ネタ成分が乏しいデッキを組んで初戦敗退すると悲しいよね。



うん!泣いてないよ!!泣いてないよぉ!!!!







というわけで、
私のアンコ大会は終了したので次の大会の準備を始めようと思います。




------------------------------------------------------------



FTT大会ですが、


・6月1日エントリー受付開始
 ↓
・6月10日受付終了→1次予選開始
 ↓
・6月17日1次予選終了→2次or決勝開始


というような流れにしようと思います。
使用バージョンは6月1日時点のものにするつもり。


基本的な運用ルールはドラフトリーグのものを焼きなおそうと思います。
オープンクラス(FTT大会経験2回以上)とビギナークラス(FTT大会経験2回未満)にわけ、
人数の応じていくつかのブロックに分けます。
決勝もリーグ形式で行う予定です。

レギュレーションは当然無し。DD使いまくれ!

詳細ルールは別途記事上げますね。


こうしたほうがいいんじゃないかとか意見あればよろしくです。



------------------------------------------------------------

と、同時に。

ドラフトのほうも徐々に仕込んで行こうと思います。


第2回D1グランプリを、7月23日あたりで開催します。
D1グランプリは「タイトル所持者」のみ参加資格があるトーナメントです。

出場したい場合、
日頃から昇段戦・タイトル戦を行い、タイトル奪取にいそしんでください。


要するに、既に予選は始まっていると思ってください。
D1開催までが予選なのです!

タイトルを保持しても参加できないという場合や、
タイトル所持者が現れないからタイトル戦が出来ないといったことに関しても
何らかの救済処置をとるつもりです。
ふるって対戦してください。


また、正式発表ではないですが、
ドラフトのレギュレーションを近いタイミングで変更します。

これは、D1グランプリまでの期間のみのレギュレーションとなります。
おそらく、

 ①SE、UA、DD固定
 ②開封は任意3種(重複無し)、ドラフトはSE、UA、DD
 ③BT、SE、UA固定だが、各々任意の開封を1パックだけDDに変更可

ここらへんの3つのいずれかにするつもりです。
これもなんか案あればコメントよろしくです。5月中には決める。




------------------------------------------------------------




家のPCのモニター買い換えた。

おっきくなってウヘヘヘ。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

第1回バトロワ大会レポ~対戦レポ~

さて。

デッキはろくに調整もせずに登録し、
バトロワ大会がついに開始されました。


が。


基本へたれなので潜伏。
ひとつは、実生活がちょっと忙しかったのと、
大会におけるKaKKo氏恐怖症によるものです。あの恐怖感は異常。


そんな中、TAKO氏とロビーで2人っきりに。
そのまま対戦へと流れました。


知識の空想物体デッキで挑戦し、
致命的な欠陥に気づく。空想物体召還が中盤以降になってしまい、
余裕で負けてしまう。

コレ以降このデッキの封印を決意でした。

当時の様子→「腸のように舞い、鉢のように刺す①


----------------------------------------------------------


1回負けてもまだポイントは残っているので、またしばらく潜伏。
ふと気が付くとKaKKo氏が脱落していた。


これはチャンスと思い、
バトロワ参加者がうごめくロビーへ突貫。



まず、風邪氏さんとの対決。

突沸再構築で応戦。
比較的スムーズにスタン改が決まり続け勝利。

その後、ネタ期待してたのに云々で怒られる。ごめんなさい。



対戦終了後、
他の人は対戦中だったようだからおちようかと思ったところ
フォーゼさんに捕まる。


怖かったので再度突沸再構築で対決。
というか、2回戦以降ずっとこのデッキです。はい。

水のクリスタルが出てドキリとするが、
突沸にて、うまいこと遮断を消費でき、図書館を通して勝利。



その後、逃げるように落ちました。


当時の様子→「腸のように舞い、鉢のように刺す②


----------------------------------------------------------

2回勝利し、
ライフポイントに余裕が出来たのでしばし様子を見る。

ロビーでもマッタリな感じで出会っても対戦を申し込まれなかったりしてた。
あと、変装とかもしてた。

そんな中一人、また一人と脱落者が出てくる。

よし、やっちゃるかという思いと、
何回かは負けてもいいだろうという気持ちで無謀にもサバたて。

ダレでも来い!と待機。




最初はK_Nineさんが突入してくる。

運良くというか、なんというか、
K_Nineさんの回りが悪く、再構築+スタン回転開始で勝利。




さらに南瓜二等兵さんが突入。


先ほどの勢いをそのままに勝利。


完全にノリノリ状態。
ちょっとitachi調子に乗りすぎ。こういう時はいいことが起きない。

がこの日は時間で終了。


当時の様子→「腸のように舞い、鉢のように刺す③


----------------------------------------------------------


リアル事情により少し間が空く。

連続勝利により、ライフポイントは十分あったので問題無しでした。

まだポイントに余裕があるころ、
ポイントに余裕が無いtricktrapさんに発見される。



当然、対戦の流れに。
このときitachiは調子をぶっこいていたのは言うまでもない。


軽快に、再構築をまわし始める・・・・!
スタンも好調!フハハハハ!完璧だー・・・・・


ふと・・・・・・


tricktrapさんの・・・・・・

デッキ枚数を見ると・・・・・・・・・・・・・・・・・


「72」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はぁ!?!?

ななんあなななななんあななにこのデッキ枚数ううううう!!!!!



ちょ、まておちつけ。

図書館は一杯入ってるんだからぎりぎりのタイミングで使っていけば大丈夫なはずだ。

おちつけ。そうだ。

この再構築を詠唱して、再構築liteを次ターンにあわせて、
手札に2枚そろってる図書館の1枚を再構築完了後にあわせて詠唱すれば・・・・・



・・・・・・・・あれ?


そのときの総MP:8


再構築→4MP
再構築Lite→3MP



図書館→3MP


あれ?ん?おや?





MP足りねええええええあああああああああああ



やばい!!全図書館が!!な・が・さ・れ・るぅううううああああ!!!






 「まいりました」




というわけで、速攻ピンチになる。
ライフポイントがやばいのでなりふり構わずだんぱさんに突撃した。



そして、だんぱさんのデッキから「整備兵」を召還される。






あ・・・・・・・・・・・あぁ・・・・・・・・・・・・・orz









めでたく死亡しましたorz



当時の様子→「腸のように舞い、鉢のように刺す④



----------------------------------------------------------



というわけで、
後半まで生き残っていたのですが天敵ダブルパンチで撃沈してしまいました。

とはいえ、新鮮な展開でかなり楽しめました。
第2回に期待wktk


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

第1回バトロワ大会レポ~デッキ紹介~

熱い展開にてだんぱ氏が優勝したバトロワ大会。

私も比較的後半まで生き残れたのと、漫画やら何やらで楽しませてもらいました。
開催中のレポでは伏せていたデッキの紹介と、対戦の内容を補足レポートしようと思います。



まずはデッキ紹介から~ん♪



------------------------------------------------------------

【デッキ①】

■突沸再構築
デッキ枚数:40枚
Crystal - 14枚:35.00%
  2 無色のクリスタル
  4 風炎のクリスタル
  8 風のクリスタル
Sorcery - 24枚:60.00%
  2 高速取得
  4 再構築
  4 結晶の知識
  2 突沸
  4 スタン改
  4 再構築Lite
  4 図書館の掟
BattleSpell - 2枚: 5.00%
  2 威嚇射撃




今大会中最も多く使用したデッキです。
というか、2つ目のデッキは1回しか使ってませんorz
ネタ要素が限りなく少ない突沸入り再構築デッキです。

とにかく自分のデッキの開店を重視し、高速取得や威嚇射撃を採用。
怖いカウンターは突沸で何とかなるだろうという算段のデッキです。

比較的相手を選ばず勝利できるので、いい感じ。
本当は火炎弾なりの除去を入れようかと迷ったけど
「整備兵なんて使うヤツいないだろ」と、除去をすべて撤廃。


・・・・・・・・コレが間違いの(ry



------------------------------------------------------------

【デッキ②】

■知識の空想物体
デッキ枚数:40枚
Crystal - 22枚:55.00%
  4 虹色のクリスタル
  2 炎水のクリスタル
  2 水風のクリスタル
  2 風炎のクリスタル
  2 光水のクリスタル
  2 光風のクリスタル
  2 光炎のクリスタル
  2 闇水のクリスタル
  2 闇風のクリスタル
  2 闇炎のクリスタル
Summon - 4枚:10.00%
  4 空想物体
Sorcery - 12枚:30.00%
  2 再動
  4 結晶の知識
  3 掘り返し
  2 全生完壊
  1 対抗対抗呪文
BattleSpell - 2枚: 5.00%
  2 支援狩り




大会中1回しか使用していない完全調整不足デッキ。
結晶の知識から速攻で空想物体を出すという分かりやすいコンセプトのデッキ。

カウンター対策で対抗対抗呪文を採用しているところにいやらしさを感じれ。

んで、完全に抜けていたのが「再構築Lite」です。
このカードを入れないとはどういうことか。再動なんかイラン!ドローをくれってもんですよ!

結晶の知識で手札を高速に消費するにもかかわらずドロー支援なしというへたりっぷりのデッキ。

1回使用してその事実に気づき封印してしまいました。
うーん惜しいことをしてしまった。




------------------------------------------------------------


とまぁ、ネタ臭が薄いデッキチョイスでの大会になりました。
面目ない~



ちなみに、
風邪氏さんに怒られたのは①のほうのデッキです♪


うん。なんかごめん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

コモン大会レポ

FTT大会に向けて大会レポ等はさっさか消化したいと思います!
まずは遠い昔・・・・にやったコモン大会です。

とりあえずデッキ紹介。


■コモンバーン
デッキ枚数:40枚
Crystal - 14枚:35.00%
  4 風炎のクリスタル
10 炎のクリスタル
Sorcery - 19枚:47.50%
  4 火炎弾
  4 炎つぶて
  3 人体発火
  4 プラズマ射出
  4 フォン・ド・ボー
LandSpell - 3枚: 7.50%
  3 忘れられた不発弾
BattleSpell - 4枚:10.00%
  4 点火




コモン限定という環境の中で、如何に相手の意表をつくか。
と考えた上でノンクリーチャーにしようと思いました。

そして、フォンドボーがコモンということもあってバーンに決定。
おそろしく本体火力が乏しく、完全な火力不足。

除去は豊富なので多少の時間稼ぎは出来るものの中級クリーチャーにはお手上げという
完璧な調整不足デッキでしたorz

※さらに当時の火炎弾は100fでした。
 今のスペックならまだ戦えた気がする・・・・・っ!


-------------------------------------------------------------

初戦はSSS氏との対決。
まぁ、初戦といっても私にとっては最終決戦になったわけですが。

「不死骨格」→「首無しライダー」→「幽霊鮫」

という・・・・なにこのイジメ?的展開でフルボッコでした。
掲載許可もらってないんでログうpは自粛します。








・・・・・


アンコ大会、レア大会もバーンで行ったらある意味勝ちですかね?(死んだ目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

プレイングテクニック「ホード~対フィールドロック」

こんばんわ。
itachiです。


前々から書こうと思っていた「プレイングテクニック」
これは、デッキ構築ではなく、実プレイの技術をさす。

ABCDのデッキ構築のノウハウはいたるところに公開されてるが、
プレイングのノウハウはあまり知られていない。

実践で覚えろ。であったり、それぐらいは常識。であったりするけども
個人的にどこかに書いておきたいのと、
お前らのノウハウを教えやがれ!!っていう意図もありまして


んで、
ちょうどいい機会が出来たので記事にして行こうと思ってます。

-----------------------------------------------------------

で、記念すべき第1弾。
いい機会とは下記のとおりだったのです。


それは、ある日のよる。



itachi「猫化病やばいよービートダウンはイチコロダヨー」

RAID5氏「あまい。それはプレイが下手なだけだっ!!」


という、熱いやりとりがありまして、
それじゃーちょっと対戦してみるか。と言う話に。




そしてitachiはみる・・・!



ホードの・・・・驚異的な・・・・突破力を!!!!!





というわけで、
2戦ほど戦ってボロクソに負けたわけで。
その後の解説込みでかなり勉強になったのでここに記すことにしました。


RAID5さんが織り成す秀逸なテクニックを見るがいい!!
ウハッハハッハハハハ(なんでお前が偉そうなんだと小一時間(ry))



-----------------------------------------------------------

■基礎:ターン終了間際に召還

ターン終了直前。
50f前くらいに詠唱完了するようにクリーチャーを召還するテクニックです。

これは結構基本ですね。自分結構忘れますが。
次のようなメリットがあると思います。

1.相手の出かたを見てから行動できる。
 →あくまで詠唱時間が短いクリーチャーに限りますが。
  1ターン中のMPを保持している時間を多く持つことは
  戦略上非常に大きな意味を持ちます。

2.召還したターン以内に除去するのが困難
 →実質、次ターンの50fも存在するので、
  100f未満の除去呪文には効果がありませんが
  100f以上のソーサリー除去。全生や、説得等には効果があります。
  100f以上の全体対象以外のソーサリー除去に効果があります。
  (全生や猫化病G等の全体除去に対してはあらかじめ唱えられると効果がありません)
    ※ご指摘により修正。感謝。
  少なくとも1回は相手を殴れます。たかが一回。されど一回でございます。



ホードやビートダウンといった「展開力で圧倒し相手のライフを削りきる」スタンスの
デッキの場合、1回多く殴るだけでもだいぶ違いますもんね。
徹底したいところであります。





■ボード被害を最小限に

これが今回RAID5さんからきっちりと伝授してもらったテクニックでございます。
多分実力者なら「当たり前」の世界かもしれませんが
私なんぞの若輩者だと結構わかってなかったりするので・・・・!

どういうことかというと、
猫化病Gや、全生といった1:N交換のカードの被害を最小限にする。
つまり、極力1:1交換をさせるようにするということです。


具体的には、
相手がフィールドロック等、
クリーチャーを1:N交換除去で無力化するタイプだと判断したら場に出すクリーチャーは1体にとどめておきます。

そして、その1体が除去される場合
可能であればそのターン内に新たなクリーチャーを召還します。

そうすれば、『毎ターン攻撃し続ける』ことが可能になります。

相手側は、それについて毎回対応をしなければならず、
なおかつ5MP級の重いカードを有効活用できずに使用し続けなければなりません。


あとは、除去が展開力を勝ってライフを削る前に場を制圧するか、
持ち前の展開力を持って相手のライフを削りきるかの勝負になります。

これはデッキ構築や、運などが大きく影響する世界でしょう。
ともあれ、速攻展開をコンセプトにおくホードやビートダウンでも十分勝ち目があるわけですね。



-----------------------------------------------------------

RAID5さんの指摘は、

「猫化フィールドロックはキーカードがばれやすいので対応しやすい。
だからそれほど凶悪じゃない」

ということ。
最初はピンと来なかったんですが、
上記の被害を最小限にしたプレイングを見て納得しました。




貝の化身と組み合わせたり、
猫場+壁コンボを入れてみたり等、猫化ロックの亜種は広がりそうですが
バランスブレイカーにはなりえないかもしれない。
あと、ホードの安定性は異常。

ということがわかりました。


イヤー久しぶりに実のある対戦が出来ました。


この場を借りてRAID5さんには再度感謝いたします。
(補足あればコメントお願いしますです><)


以上!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

ABCDの夏は盛りだくさんにすんぜ

なんか、書くことありすぎて困る。




まとめの意味もこめてちょっと、ダラ書きします。
最近こんなんばっかでゴメンね。
大会レポも書くからね。がんばるからね。




-------------------------------------------------------------


ついに、大会運営Wikiが作成されました!!

ABCDBBSのマッチングスレ発祥です。

「Wiki多すぎ」と言う意見もあるようですが、
とりあえず活動が活発化するのはうれしいことです。


一括で更新状況が見られればいいんですけどね。
気が付いた部分は紹介しようと思いますが・・・・


ドラフトWikiを1つにまとめちゃったほうが・・・・・いや・・・・しかし・・・・(ブツブツ

-------------------------------------------------------------


酒場のほうで、非凡賞・・・アンコ大会が開始されました。


よく考えたらコモン大会のレポも書いてないぢゃんorz
自分ちょっとがんばれよ。

レポも何もメタくそにやられただけなんですけどね。
あっはっは。あっはっは。


アンコはなかなか癖のあるカードがそろってます。



対抗呪文とか対抗呪文とか対抗呪文とか対抗呪文とか・・・・・(鬱)

-------------------------------------------------------------


諸般の事情というか、
ノリと言うか勢いと言うか、


まーいろいろ背景はあるんですけど詳細はおいといて、





FTT大会をやろうじゃまいか。





Lazy氏が「しばらくやりません」宣言をしてからはや二ヶ月。
その間も、シーズンファイナル、酒場大会・・・紅白戦。
いろんな大会が開かれていましたし、今も開催されてます。



しかし!!



これでは満足していない!
そう。血で血を洗うガチンコ正統派対決を求める猛者がいるのも事実!!!

FTT大会は必要なのだと私は確信している!!



だからこそ今その意志を継ぐ!比較的勝手に!!!



またLazy氏が再開してくれるまで!!!
その大会名をそのままに!!


熱い試合を行おうではないか!!!!!!以上!!!





詳しいことはまた後日ちゃんとした記事にする!!
タイミングは6月中~7月頃!!!変更の可能性アリ!

ルール無用!限定なし!!!ガチンコ構築リーグ戦!!!


やんぞぉおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!




-------------------------------------------------------------





P.S.
そろそろだれか「itachi自重しろ」って言ってくんないと暴走止まらないよ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

最新バージョンだしました

1.90対応しましたー




うーん。
1日に何回も更新するのは悪い癖ですね!

おかげで最初に書いた記事なんて誰にもヨマレナイヨー




さておき。
猫化系に対応した形でリプレイリリースしました。

他にも同一名複数人に効果がある場合に一人に集中するケースが発生しており、
こちらも徹底的につぶしました。

猫化に対応したんでヘッドハントの兵士化も対応できてると思います(未確認)


えらいメモリを喰うソフトになってきていますが、
ご利用いただければ幸いです。

バグ等ありましたらどしどしご報告下さい。


でわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABCD_Replay Ver 0.34リリース

DownLoad:「abcd_replay_v034.lzh」

【更新内容】
・ABCD本体ver1.90対応
・クリーチャー種族チェンジ対応
・猫足払いの罠対応
・複数クリーチャーに同一効果がある場合に1体に集中する不具合対応

【未解決問題点】
 ・一度に複数のクリーチャーに効果が発生するものや、スキル起動・構え時にクリーチャーのIDが出力されない為、
  同一名称カードが複数ある場合、左上から優先的に処理される。
 ・「ニンゲンの南極」のファストキャストがMP2のほうか、MP4のほうか見分けがつかないため強引にMP2を採用している
 ・「正規化」の発動失敗ののログが出ない
 ・「違法損保機」のドローストック加算のログが出ない
 ・バウンス時になんらかの効果が発動すると場にいるカードが削除されない。
  ログの中身が通常ドローなのかバウンスによるドローなのか判断できないつくりであるため。これは無理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モニターぶっこの巻

モニターの電源が、付いたり消えたりして
「なんだこりゃ、これじゃ何もできん」と思っていろいろいじってたら電源すらつかなくなりました。

修理出すにしろ新しいの買うにしろABCDがしばらく・・・・・・・ウッ・・・・・・



一応、家内専用機があるんでこっそり使えばいいんだけど・・・・・ぬぅ・・・・・・・





------------------------------------------------------------


宣伝遅くなっちゃった。

マッチングスレにてタッグマッチ戦参加者を募集してる模様。
今月末にやるみたい。


個人的には参加したいなー。時間が合えば。
月末日は予定が怪しいのでなんともいえないけど・・・・・


まーそれ以前に

 他の人は相方見つけて一人取り残される涙目のitachi・・・・

という構図がリアルに想像できてもうなんかもう・・・ね・・・・・

タッグマッチそのものは面白そう。


「まずオレが相手の出方を見よう・・・」

「ば、ばか!お前のヒザはもう限界じゃないか!」

「だからこそさ。俺は負けるだろうが少しは相手の手の内を・・・ウッ!」

「やめよう・・・・お前が故障したら元も子もない。棄権しよう」

「それだけはだめだ!オレは・・・オレには今しかねぇんだよ!」

「・・・・・・・・・・くっ・・・・・・・死ぬなよ・・・・!」



みたいなね。

あ、なんか病んでるね。

------------------------------------------------------------


今日、明日にはリプレイ何とかする。


以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

1.90キタッサー!

はぁ・・・・・・・・

いくら連休だからってjxtaさんもそうそう暇が出来るわけでもないだろうし。
いろいろ都合もあるだろうからな。

今日が最終日だけど・・・バージョンアップは気長に待つことにしよう。




って思ってたら
最終日にバージョンアップキターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!




さすがjxtaさまだぁ!!ゴールデンウィークなのにびくともしないぜ!(イミフ)


-----------------------------------------------------------

今回は、カード不具合系の修正と新カード追加です!

モユル!!ギガモユルよ!!!


お粗末ながら恒例のレビューをさせていただきまっす!
ウヒョヒョヒョヒョヒョヒョヒョヒョ!!




まずは修正関係カラー

【システム面】
・カード効果で召喚された場合のビームの軌跡がおかしかったバグを修正
 →あれっておかしかったんだ。
  ともかく正しい感じになったようです。試してないなー

・引き分け要請が承認されても、引き分けが拒否されたときのメッセージが表示されるバグを修正
 →そういえば、対戦集に停止ボタン押したら対戦が固まっちゃう不具合がありましたね。
  そのときも引き分け要請うまく行かなかったけど、コレとは関係ないよね。きっと。

 
【カード修正】
・「時の旅猫」のスキル「旅猫の囁き」の効果を200fから100fに変更
 →なおりました。強すぎでしたからね。

・「強制激怒」のスキル「凶暴化」,「館長」のスキル「正拳突き」のパラメータがあやまっていたバグを修正
 →こちらも直りました。禁止カード化解除!!!

・「空想物体」がスキルを得る時にエラーで落ちる不都合を修正
 →確認してないけど直ってそうです。
  空想物体は気兼ねなく使いたいですもんね。

・「灼熱波動」の「ファストキャスト」のコストを4(炎炎炎)から5(炎炎炎)に変更
 →微弱体化。
  まだ強いと言う意見も出そう・・・・・個人的には様子を見たいところ。

・「熱波」の「ファストキャスト」のコストを3(炎炎炎)から4(炎炎)に変更
 →なぜ・・・・・・・・と思ってしまった。
  どうせなら、4(炎)とかで格差をはかってくれれば・・・・うみゅぅびみょう?

・「全生完壊」の詠唱コストを4(炎風光光)から5(炎風光光)に変更
 →強い強いのぜんなまも微弱化。
  こんなもんかというきもする・・・・・これも様子見かなー

・「付喪神プチ」の詠唱時間を300fから200fに変更
 →微強化。わーい、うれぴー。プチは好きです。


-----------------------------------------------------------

次は待ち焦がれた新カードです。
ほんと、DDには魔物が潜んでるぜ!!


【基準】
・10点満点
・対抗呪文・・・8点
・派手に誤爆・・・3点

【Sorcery◎猫缶】
[ 4(炎水風光) / 30f ]
猫を場に2体出す。
→点数:4点?

妄想スレからの採用ですね。
妄想では4体だったのが2体になってます。
属性拘束が半端無いのでどこまで実用性があるのか疑問なところです。

通常なら猫じゃないカードが猫として出てくると面白そうですが、どうなんでしょう?
巨神猫とか。


【Sorcery○猫化病】
[ 3(光光) / 100f ]
対象のクリーチャー2体は猫になる。
→点数:6点

やヴぁい匂いがぷんぷんしやがるぜ。
下の猫化病Gのほうで詳しく話します。


【Sorcery◎猫化病G】
[ 5(光光光) / 50f ]
全てのクリーチャーは猫になる。
→点数:8点

ま、当然。「猫足払いの罠」とのコンボになりますわな!!!!
ものすごい簡単にフィールドロックが決められてしまいます。
これと、猫化病、あとは説得入れとけばもうOK。
光持ち前の回転力とでキーカード余裕引き。

ロックが完成したらライブラリアウトまで眺めてればいいだけ~

というクリーチャー主体のデッキを完璧なまでに封じ込められます。
これはやくい。

コントロール主体のデッキが台頭しているので、
ぬきんでて強い・・・とまでは行かないかもしれませんが、
ぜんなまといい、このカードといい、ビートダウンは・・・・・・・・カワイソスとしか言えない。



【Summon○光輝巨人】
[ 4(光光) / 1550f ] 巨人の召喚 Atk=4 , HP=4
後手 場に出たときに復活を得る。
→点数:5点

こちらも妄想スレからの採用。
能力もほぼそのまま。シンプルで楽しいクリーチャーです。
順調に行けば2ターン目に詠唱開始可能。
しかし出るのは3ターン後・・・・でれば、後手ながら4/4・復活と良質。
5~7ターンにポッと出てくるとちょっと厄介な感じですね。
絶妙なバランスだと思います!

加速技術などで早くしたいカードでありますね。
もしくは光にて、暇なときに「唱えておく」感じの運用になりそうです。


【Sorcery●呪文回収】
[ 3(水光) / 150f ]
あなたの墓地からソーサリーを1枚手札に戻す。
→点数:6点

お待ちかね。墓地回収系。これも妄想スレより採用。
手札に戻すだけなので属性違いや重MPの速攻詠唱なんかは出来ません。
とはいえ、属性的に「説得」やら「対抗呪文」やらを回収されるとへこみそう。
無駄カードに成りにくいので属性があえば2~3枚はいってしまうかも。


【Sorcery○呪詛再生】
[ 3(光闇) / 300f ]
あなたの墓地にあるランドスペルを一枚選択し、場に出す。
→点数:4点

こっちはランドスペルバージョン。これも妄想スレより。
手札ではなく、場に出すので属性違いや重MPの速攻召還が可能。

・・・だけども、あまり出したいランドスペルが無いのが現状。
吸魂円陣とか防衛拠点ぐらいか・・・・?

9MPとかでぶっ飛んだ効果のランドスペルが出たら化ける可能性大。
しかし属性が・・・・・・・うむぅ・・・・・・


【Crystal●備蓄文鎮】
[ 2(-) / 700f ]
最大MP+1 2MP持ち越し可
→点数:7点

無属性クリスタル第2弾!ついに来ました!!
しかも効果は持ち越し!!!これはいぃいいい!!
持ち越しMPは2なので、実質3MPが獲得出来るチャンスが出ます。
そういった意味では無色のクリスタルより上なんですが、

・詠唱に2MPしようすること。
・700fであること
・持ち越しであること

という3点によって、即効性の効果が期待できません。
すばやく大量MPがほしい場合は無色のクリスタル。
4,5ターンあたりから爆発的にMPがほしい場合は文鎮といった感じでしょうか。

また、魔力幇助との相性が抜群ですね。
使い切れなくても持ち越せるので魔力幇助の効果が1ターンでなくなるわけです。
「唱えておいて、必要になるまで持ち越しておく」といった運用も可能ですね。
wktk。


【LandSpell●人間投擲機】
[ 2(-) / 500f ]
・射出[ 1MP / 100f ]対象のあなたのクリーチャーを完全破壊する。
 人間投擲機は対戦相手に1点のダメージを与える。
→点数:4点

無属性ランドスペル。
うーん・・・・なんとも微妙な効果。
コストが安いため、1ターン目に詠唱可能で弾さえあれば連射しやすい。
といった特徴があります。
できれば1ターンに大量増殖するようなカードと組み合わせたいですね。
クリッターとか?

-----------------------------------------------------------

以上!
コンボ考えるのが楽しげなカードが多くいい感じです。
一部ぶっとんでるのがあるので今後どうなるか期待。


リプレイソフトですが、
猫化がサポートされてないと思うんでそれ修正してうpします。

なるべく急ぐつもりだけど、
気長に舞ってくれるとうれしぃです。



でわでわ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

インタビューって恥ずかしい

Lazyさんごめーーーーーーん。



きっかけは「窓の杜」でした。今朝思い出した。

思いっきり嘘ついちゃった♪てへ☆

--------------------------------------------------------------


さー。
仕事が忙しくてついに仕事中にブログが更新できませんでした。


なんか、こんだけ更新して無いと逆に不安になるね。なにかが。




とりあえず、いろいろ書きたいことあるので
例の如くだらだらと書いていきます!



GW企画?なにそれ?GWなんて都市伝説ですよ?


--------------------------------------------------------


まずは、バトロワ大会。

ついに決着がつきましたね!!
だんぱさんおめでとうございます!!!!!



いやー負けたかいがあったってもんだ!


こっちは再構築デッキだったんですけど、
見事に整備兵出されましてね。


へこんだっていうか 泣 い た。



--------------------------------------------------------

マッチングスレの紅白戦も無事終わったようで。


あとがきワラタ。



今度は参加したいと思いつつうーむ・・・・・・・・・・・


--------------------------------------------------------


Lazyさんのブログで提案していたインタビューをされました。

テラハズカシス



なんか、2時間近く話してた気がする。
脱線ばかりでごめんなさい。うそついちゃったしね。


そのうちKaKKoさんのインタビュー結果と共にFTTにて公開されるはず!

わくてかなような微妙なアレ。




いつかLazyさんをインタビューしようと心に誓うitachiであった。

--------------------------------------------------------


最近駄文ばっかりなので、
ちょっと書くことメモおいときますね。

多少為になることも書かないとね!



~書くことメモ~
・バトロワ大会レポ。簡単に
・プレイング考察(操作とかショートカットキーとかモロモロ)
・6問題考察(未詳か問題だらだらと~)
・各種デッキ紹介・・・・・は、しばし休止。

こんなとこかな~
でわでわノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »