« ばとろわ | トップページ | 第二回ネタデッキ対戦会 実況・報告 »

2007年3月30日 (金)

ネタデッキ対戦会ルールサマリ

31日(土)夜のネタ大会用に、
改訂版ネタデッキ対戦会ルールを記載しておきますね。



■ネタデッキ対戦会の基本ルール
ネタデッキ対戦会は「対戦者」と「審査員」とで行われます。
対戦者は2人(対戦するので)。審査員は3名以上がベストです。

対戦者は「観戦機能付き」で対戦を1回行います。
審査員はその対戦の模様を見て「技術点」「芸術点」をそれぞれ5点満点で評価します。
また、対戦の勝利者には「勝利点」として3点が加点されます。
これらの点数すべてを合計し、総合点数が大きいほうが「実際の勝利者」となります。



■点数の基準
技術点、芸術点はそれぞれ次の視点、基準で評価されます。

【技術点】
技術点は「デッキ構築のうまさ」と「プレイングのうまさ」が評価されます。
どちらも「勝つ為のテクニック」としての評価になります。
意外だが有効性のあるカードや、思い切ったドロー目的の自軍車爆弾などがこれにあたります。
あきらかなプレイミスなどがあった場合減点対象になります。

【芸術点】
芸術点は「ネタの面白さ」と「対戦中のパフォーマンス」が評価されます。
どちらも「対戦勝利へは直接影響しない、楽しませる為のテクニック」としての評価になります。
デッキのネタ性や、チャット発言、「/!」「/?」コマンドのタイミング、ネタの為のプレイングやスキンなどがこれにあたります。
この評価は審査員の感性に大きく左右されます。

【勝利点】
対戦に勝利した側に与えられるボーナス点です。
ただし、3点だけですので、おまけみたいなものになると思います。

■具体的な進行の流れ
①10時にロビー集合。折を見て対戦参加者と審査員を募集する。
 ※ちなみに、対戦参加者は自分の対戦時以外では審査員になることとする。
  すべての対戦は審査員の人数が同じになるようにする。

②対戦のペアを決めます。
 独断と偏見で適当に。
 対戦者は偶数になるようにしたい。
 対戦する順番も決めます。適当に。

③順番に沿って対戦する。
 観戦機能はお互いに使用する方向で(フェアにするため)
 フィルターは無しのほうが面白いから無しで。
 審査員&順番じゃない対戦参加者は観戦しまくる。
 観戦はこちらで→ABCD観戦場

④対戦終了後、得点つける。

⑤皆1回ずつ対戦して、得点つけて一番得点高い人が優勝~

■飛び入りについて
飛び入り参加は原則歓迎。
ただし、進行がgdgdにならないように下記ルールを設けます。

①2人1組で飛び入り参加すること。その2人で対戦することになる。

②飛び入りの人は審査員にはなりません。(事情により臨時で頼むことはありえます)

③残対戦数が少なくなったら(1~2くらい)飛び入りも締め切ります。
 ずるずると延びるのはいやなので。締め切りの際は告知します。


■特殊処置
※対戦者が多くなった場合、審査員数を減らす可能性があります。
 場合によっては、対戦者と審査員が完全別々にすることです。
 人が集まったらやりますのでよろしくお願いします。




以上!
質問あったら書いてくだせぃ!

|

« ばとろわ | トップページ | 第二回ネタデッキ対戦会 実況・報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64082/5912394

この記事へのトラックバック一覧です: ネタデッキ対戦会ルールサマリ:

« ばとろわ | トップページ | 第二回ネタデッキ対戦会 実況・報告 »