« おまいらにこの問題がとけるかああ!! | トップページ | 第1問についてさらに考える »

2007年2月19日 (月)

6問題についてちょっと考える

対戦してねぇえええええええええええええ!!!!!



うがあああああああああああああ!!!!



さてさて。

先日出しました6問題(現在5問題になりましたが)


一度は挫折したものの、まぁ、ぼちぼち考察してみようと思います。







はっきり言ってどれもこれも記事1つで収まる程度の問題じゃないと思ってますんで。
まぁ、気長にちょっとずつ前進していくことにします。






基本理念は

「問題を解こうとすることでその過程によりABCDの理解を深める。
ひいてはより楽しめるようになる。」

ってことなんで、
気楽にやりまっしょい。




-------------------------------------------------

というわけで第1問題について、今まで考えたことをだらだら書くことにする。

問題内容はここ参照


すでにいくつかのブログでも考えが記載されており、なかなか興味深い。




読んでて思ったのが、
「必要MP、必要属性を基準に基本クリスタル枚数を決定している」のかな。
ということ。

まぁ、当たり前のことなんですが
いざ細かく考えると山が多い気がしている。



そもそも
そのデッキが必要とするMPって・・・・・・・いくつ?




「2MPのカードしか積んでないデッキ」の必要MPと、

「3MP~7MPまで比率を減少させながらカードを積んでいるデッキ」の必要MPは

ぜんぜん別物になる。と、思う。



そこで、
まずは必要MPと必要属性を算出する必要があるんじゃないか。
と言うのが私の考え。


ここから先は両耳から煙を出しながら書くのでご了承願いたい。




まずは、必要MPについて。

とりあえずMPカーブを描くため、MP毎のカード枚数を出してみる。
ただし、単純化するためMPコストが少ないやつと多いやつはいっしょくたにする。
比較的標準的な枚数で例を出してみる。

【標準的なMPカーブ比率(TOTAL20枚と過程)】
3MP以下:8(40%)
4MP   :5(25%)
5MP   :4(20%)
6MP   :2(10%)
7MP以上:1(5%)

基準としてはこんなもんかな?

んで次に、
低いMP帯からパーセンテージを合計していき、
50%を超えた場所のMP帯を最低限必要なMPとする。

要するにそのMPを確保できれば
デッキ内の50%以上のカードが使用できるようになる。ってことで。

上記の例の場合は4MPになります。(40%+25%=65%)


属性値も同じように得られるかなーっと思ったんですが、
多属性でデッキを組むことを考えるとアッパラパーな感じになりそうなんで保留。

あえてやるとしたら(炎炎)も(光炎)もおんなじ2属性値としちゃうって感じかなー



ここまでで、クリスタル枚数に還元してみる。
MPしか考慮してないけど気にしない。とりあえずだから。とりあえず!!


えーと。
必要MPは序盤でそろえることを前提にする。
序盤って言うのはターン1~ターン3までとする。
たぶん。ターン5、6で決着がつくこともあるのでそれぐらいが妥当かな?と思う。
さらに動きとしては、ターン1~ターン2の間にクリスタル1枚目。
ターン2~ターン3の間にクリスタル2枚目。
と言う形で配置したい。と。


4MP必要なら必要なクリスタルは2枚。
3ターン目までに2枚のクリスタルを引くと言うことは、
ドローできる枚数はなにもしなくて8枚。

40枚デッキで8枚を引き、クリスタルが2枚含まれる可能性を考慮すればいいことになる。




計算してみたところ、
22枚のクリスタルを入れてれば99.03%の確率でクリスタルを2枚引ける。
事故が怖い人はどうぞ。

当然現実的な枚数ではないので、
もっと減らすわけなんだが・・・・・・・


何パーセント以上だったらOKなんだろうか?
あー・・・・

ここから考えなきゃだめかなぁ・・・・・・・・

1回はほぼノーデメリットでリドローできるんだから、
60%ぐらいでいいのかもしれない。

だとするとクリスタル枚数はなんと10枚で良いようだ(65.92%)




ふむ。
疲れたからこの辺で終了。
続きはまた今度・・・・・ぶふぅ・・・・・・・・・(死)



-------------------------------------------------

もいっこだけ。


第6問題についてこないだチャットで少しだけ話した。



んで興味深かったのが

「ABCDでのテンポアドバンテージって何よ?」

ということ。

1ターン中に相手より多く行動することによる優位性・・・
って思ってたんだけどこれも結構漠然・・・・・・・・



ちょっと考えた。誰か教えて。

|

« おまいらにこの問題がとけるかああ!! | トップページ | 第1問についてさらに考える »

コメント

ABCDのテンポアドバンテージはキャスト時間じゃないかと思います。詠唱場が3つって決まってる上に、キャスト時間が長いカードばかりだと普通の意味での「テンポ」が悪くなりますから・・・

投稿: チキン三世 | 2007年2月20日 (火) 00時53分

なるほどなるほど。
詠唱完了時点で「アクションが完了した」と考えるなら、詠唱時間が短い分テンポアドバンテージが得られると考えて問題なさそうですね。

非常に納得できました。

詠唱時間がどれくらいでテンポアドバンテージが得られるか等考えるのは実に興味深いですね。
誰かやってくれないかな。

投稿: itachi | 2007年2月20日 (火) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64082/5406711

この記事へのトラックバック一覧です: 6問題についてちょっと考える:

« おまいらにこの問題がとけるかああ!! | トップページ | 第1問についてさらに考える »