« オワタ! | トップページ | たーい・・・かぁい!(変身のノリで) »

2006年11月 8日 (水)

ブースト系カード考察~その3~

大会に躍起になっていたのでだいぶ間が空いてしまいました。

めげずに考察していきたいと思います。
今回で、ブースト系の考察は最後にしたいと思います。
皆さんのデッキ構築の助けになれば幸いでございます。



さて、
今までMPのブースト、属性のブーストを扱ってまいりました。
今回はそのどれでもあってどれでもない、「特殊ブースト」についてです。


特殊ブーストとは何ぞや?


それは、MPも属性もブーストしてくれる夢のようなカードです!!

それではご紹介しましょう・・・・・



結晶の知識さんです!!!!


【結晶の知識】
[0(-)/200f] Sorcery
1ターンに設置できるクリスタルの最大数が1増える。



※宝石鑑定人さんは使用が風属性に限定されてしまうため今回は除外させていただきます。

------------------------------------------

今回は「結晶の知識」特集とさせていただきます。
今までは、ブーストする意味→カードの検証という流れで説明しましたが、
いまさらMPや属性をブーストする意味について書く必要ないし、
カード検証といっても対象となるカードが結晶の知識のみだから・・・・・


なので、ブーストカードとしての結晶の知識を、徹底解明してみます。




■ブーストカードとしての結晶の知識
まずここ。
多少なりともABCDでデッキ組んだり対戦した人ならば、
「結晶の知識」の使われ方は「クリスタルをいっぱい出せるようになるカード」という認識が強いと思います。
これは、ブーストとしての認識とは少しズレます。

なぜなら、
目的が「早い段階で多くのMP、属性を獲得すること」ではなく、「クリスタルを出すこと」だからです。

一般的な例は、館長デッキです。
館長はクリスタルを消費することで強くなるカードであるため、結晶の知識がコンボとして使用されます。
この時の結晶の知識の目的は、MP、属性を得ることではなく、館長の餌供給を加速させるためのものなのです。

これは、似て非なるものです。
今回は、ブーストカードの考察ですのでこういった使われ方は対象外とします。
あくまで、MP、属性確保のための使用方法を追求します。


では、
ブーストカードとして見たとき、結晶の知識はどれほどの効果があるのでしょう。

最もシンプルで理想的な流れは次のとおりだと考えられます。

1Turn:クリスタル配置→結晶の知識→クリスタル2個目配置
2Turn:クリスタル配置

上記の流れで良くと、2ターン目にしてMPは5。属性値は3獲得しています。
今まで紹介したどのブースト系カードよりも効率よくMPと属性の両方を手に入れているわけです。
さらに、2ターン目に2個目のクリスタルを配置できれば、6MP、4属性です。脅威以外の何者でもないでしょう。


このように結晶の知識は、
非常に特殊ですが、ブースト系カードとしての役割を果たせる存在です。

■結晶の知識のデメリット
先のように一見ブーストとしても優秀そうな結晶の知識ですが、当然デメリットもあります。
デメリットというより「越えなければならない壁」と言ったほうがいいのかもしれない・・・。

とりあえず次のようなものが考えられましゅ。

1.単独では意味をなさない
2.ハンドアドバンテージの著しい低下が起こる
3.ライブラリの圧迫
4.無駄カードになりやすい


一つ一つ見て行きたいと思います。

1.単独では意味をなさない
 これは、結晶の知識単体を持っていてもブースとができないという意味です。
 当然、ブーストを完了するためにはクリスタルが必要になるからです。
 しかも、クリスタルが1枚や2枚ではたいしたブーストになりません。
 安定して大量にクリスタルが必要になります。これはかなりの運が必要になるでしょう。


2.ハンドアドバンテージの著しい低下が起こる
 「1」にも起因しているのですが、ブーストするためには結晶の知識+クリスタル2枚が最低限必要です。
 これは、1ターンに3枚ものカードを消費することを意味します。
 1ターン目に手札は半分になってしまうわけです。これは大きなアドバンテージの損失です。


3.ライブラリの圧迫
 上記、1・2のデメリットをとりあえず克服しようとすると
 とりあえず思いつくのが、「クリスタルとドロー支援カードの増加」です。
 ブースト1つするためにものすごい数のカード投入が必要になり、
 本来のデッキの動きを阻害してしまう恐れもあります。
 こうなっては本末転倒です。


4.無駄カードになりやすい
 クリスタルの配置できる限界数は8。ブーストを必要とするのは主に序盤であるため、
 実質、追加で2枚のクリスタルを配置できればほぼ御の字。あとはお役ごめんです。
 そのために必要な結晶の知識のカードは1枚です。
 もし結晶の知識を4枚投入していたとしたら、残りの3枚はまったくの無駄カードになります。
 しかし、序盤にドローできなければそれこそすべて無駄カードになる可能性も・・・・・
 気軽に1,2枚だけ・・・・とはいかないカードです。




と、このように致命的なデメリット満載です。
ここまで読んで、「使えねージャン」と思った方。あなたは正しい!!!

これらのデメリットをまとめると、結晶の知識は「安定性」を犠牲にしているわけです。
これは「デッキ構築」の上でもっとも邪魔なものであるといえましょう。危険!危険!!!



しかし・・・・
男はそこに障害があるほど燃えるもの・・・・・

やってみましょう、活用法。
咲かせて見せようクリスタルの花。

今こそ、あなたの腕が試されるときなのだ!!!




■ブーストカードとしての結晶の知識の活用法

分析がすんだところで、実践編です。
具体的にどう使おうかを掘り下げます。

結晶の知識はクリスタル配置数を増やすという超間接的ブーストです。
この特異性をフル活用し、実用レベルまで押し上げようではないですか。


逆転の発想で・・・(ぼそり)


案1.似たようなデメリットを内包しているデッキに使用する。
 シナジーの基礎です。
 自分の手札を捨てる系クリーチャーで統一してデッキを作ることで、
 「手札を捨てる」というデメリットを薄いものにする。というのと同じ発想です。

 今回の場合、デメリットを要約すれば要するに、
 「デッキが不安定になる」ということに尽きる。

 うーん不安定なデッキ不安定なデッキ・・・・
 はっ!!
 ずばり!50枚でぇえええええっき!!!!!!!!!!!!!
 
 と、半分冗談半分本気で言ってみる。
 冗談抜きの話でいくと、「多属性デッキ」を挙げる。
 
 これは、多属性クリスタルの考察をやっていた際にも頭の片隅にちらついていた案だ。
 つまり、多属性クリスタルをごく一部に限定し、基本クリスタル+結晶の知識でまかなうといったものである。
 これによって得られるメリットは序盤の展開の遅さをカバーできるということ。
 結晶の知識ならば属性確保かMP確保かの選択に悩むことは無い。両方いただけばいい。

 ただし、安定性は相変わらず。
 でも、もともと若干不安定な多属性なんだからもうちょっと不安定になっても気にしないっておじいちゃんが言ってた。



案2.むしろ、とがったデッキを作る
 結晶の知識によるブーストの威力はみんなご存知だろう?
 デメリットがひどいからってこのすばらしいブースター君を無碍に捨てるなんてできない!

 「ぢゃぁ、いっそ・・・・あきらめちゃえばいいじゃない」

 という、悪魔のささやきが聞こえたらあなたはこっち側の人間。
 ま、何が言いたいかというと「デメリットは目をつぶって最高の動きをしたときのみを想定したデッキを作る」
 ということです。
 たとえば、2ターン目には5MPが確実に確保できる前提にしちゃって、
 投入するクリーチャーは5MP超えONLY。3ターン目には7MPぐらい言ってるだろうと、プラナリア4枚積み。
 気持ち、クリスタルを多めにいれればパーフェクト。
 「回れば強い、回れば強い」を合言葉にれっつオンライン対戦だぜべいべーorz


 ~蛇足~
 似たような発想だが、完璧に実用レベルになっているものもある。
 ずばり、2属性クリスタルONLYで結晶の知識と組み合わせた「空想物体デッキ」である。
 実にエレガントな動きを見せる。回ると2ターン目に詠唱開始可能という恐ろしさ。
 これ最初に思いついたやつはホント天才。私はぜんぜん思いつかなかったヨorz

以上!
2つほど実用例を挙げさせてもらった!!
これが限界です!勘弁してください!!!!!!


ともかく、「安定性」を犠牲にするカードというのは危険でありながら面白いカードです。
ある意味では究極の強さを得られるかもしれない可能性をほのかに秘めています。


この結晶の知識考察が皆様の刺激になれば幸いでございます。

------------------------------------------------------

これにて、ブースト系の考察は終わりです。

まだまだいろいろ発掘できそうな気もしますが、とりあえず終了にします。


「使いたいコンボやカードがあってそれに必要なMP、属性を確保するにはどうすればいいか?」


こういった疑問は寝ても覚めても尽きないものです。
解を見出せないときにちょっとしたヒントとして活用していただければこんなにうれしいことはありません。


だらだらとした文章で読みにくかったかもしれませんが、
読んでくれた方ありがとうございました。


でわ!



あー!!!!
やっとぉぉおおおおわったあああああああああああああああああああああ!!!!

BANZA-------------I!!BANZA--------I!!!!


|

« オワタ! | トップページ | たーい・・・かぁい!(変身のノリで) »

コメント

今回も力の入った記事お疲れさまです。

読んだ感想は【結晶の知識】は人を選びそうだな?
っと思った。性格とテクニックの両面で。

個人的に【結晶の知識】が入っている再構築デッキは手強いと思います。

投稿: アモ | 2006年11月 8日 (水) 21時00分

考察お疲れ様です!
早速2,3ほどデッキを組んでみたくなりました^^
タワー関係の考察も楽しみにしてます~。

投稿: みずぐも | 2006年11月 9日 (木) 12時43分

コメントありがとうございます。書いてよかった(涙)

>アモさん
人を選びそうですか・・・・言われてみると確かに。
マリガンするかどうかとか超悩みますしね!><
知識での再構築デッキ組んだことナス・・・orz
今度やってみます。楽しそうだ~

>みずぐもさん
ぜひ組んでみてください!><
タワー関係はもしかしたら挫折するかもですwww
いや、がんばります

投稿: itachi | 2006年11月 9日 (木) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64082/4111497

この記事へのトラックバック一覧です: ブースト系カード考察~その3~:

« オワタ! | トップページ | たーい・・・かぁい!(変身のノリで) »