« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

ご心配をおかけしました

暖かいコメントありがとうございました。
正直、衰弱してて弱気になってた。ごめん。ごめんよ。

でも元気になった!元気分けてもらった!
僕がんばる!がんばるよ!!



ちょっと回復してきたから無理して対戦することに決めたitachiでした。まる。



---------------------------------

大会関係のイベントもとりあえず回りつくしたかな・・・・・・という感じです。
ニーベルさんと陽神棒さん、猛者たちリストに追加しました。間違ってたら文句お願いします。
SpANKさんのダービーにも投票したし、
不完全ながら対戦表発表直後の一斉対戦会も居合わせられたし。

後は無理しないで、試合を消化して行きたいですねー。






さて、
対戦表発表から一夜明けたわけですが、ちょっと一言言っていいですか?













るぱさんて何者?











いえ、だってね?
大会の対戦成績見てくださいよ。対戦成績。
余裕の2試合連続勝利で、2試合とも2連勝ストレート勝ちですよ?

し か も

対戦相手はあのKaKKoさんと、Nevesさんじゃあああないですかああああ!!!!!
二人とも強豪だっての!!
私なんか大会でKaKKoさんに勝ったこと無いのにいいいい無いのにいいいいいい!!!!!!



ビギナーにも魔物が潜んでたってことかよおおおおおおおお!!
こここ怖いよおおおおお。
まだどこにどんな強敵がいるかわかんないよおおおお家帰りたいよおおおお・・・うええええん・・・・・・・





何が言いたいかというと、

「ビギナーといって侮ってはいけない。
 未知の魔物は確かに存在するのだから」

ということ。





むしろ早く負けて楽になりたいという邪まな考えがwww

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

さ・・・最悪だ

え~
めでたくFTT大会のエントリーが終了したわけでして、
あとはお楽しみイベント。

「対戦表が出たと同時に対戦しまくり会」

が待っているな~とwktkしていたんですが、





熱出しました。





ばんたんきゅーですよばたんきゅー。
なんか、38.5℃らしいですよ。

喘息の発作がまだ治っていない所に風邪を引いてしまったらしく、
熱出るわ、頭痛するわ、吐くわ、意識が保てないわで、無理!!!対戦なんて無理!!!

な状況だったのですよ。
今日の午後になってようやく落ち着いてきたので、コレ書いてますけど、

正直記事書くのもつらい。
目を開けているのもつらい。あああああちくしょおおおおおおお!!!!








んで、
FTTブログチェックするとなんとまだ対戦表ができていなかったようで、
ワタシとしてはGJ!GJ!

チョット楽しみが増えたかな。って感じです。
でも今夜顔出せるかはびみょー・・・・・・・・はうぅぅ・・・・・・・・








--------------------


えと、
本当は猛者たちリストにニーベルさんと陽神棒さん追加しなきゃいけないんですけど、
もうチョット待って・・・・・


ほんと・・・・・・・・死 に そ う だ か ら









ふっぉおおおなんて最悪なスタートなんだああ・・・・・・><


でわノシ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

出揃った猛者たち~オープン編~

さぁ・・・・・いよいよ、魔窟へと踏み込もう。
もはやここは化け物ばかり。

第9回FTTリーグ大会のオープン。

参加者はああ!!

この人たちだああああああああああ!!!!


-----------------------------------------

■Lazy
[大会経歴]
 第1回リーグ 優勝(全勝)
 第2回リーグ 優勝
 第1回決勝大会 2位
 第3回リーグ 優勝
 第4回リーグ 3位
 第5回リーグ 3位
 第6回リーグオープンクラス 3位
 第2回決勝大会 4位
 第7回リーグ 2位
 第8回リーグ 5位
[オンライン戦績]
 1383戦 867勝 484敗 32引き分け 62.69%
[ドラフト段位&タイトル]
 3段。タイトル無し
[備考]
 ブログ「Free TCG terminal(http://ameblo.jp/mr-lazy/)」管理者。
 言わずもがな、大会主催者。
 毎回必ず決勝進出の実力は常勝海南並。

■七誌
[大会経歴]
 第4回リーグ 1位
 第5回リーグ 2位
 第6回リーグオープンクラス 2位
 第2回決勝大会 優勝
[オンライン戦績]
 904戦 624勝 260敗 20引き分け 69.03%
[ドラフト段位&タイトル]
 2段。タイトル無し
[備考]
 ブログ「七誌@ABCD(仮)(http://ameblo.jp/abcd774/)」管理者。
 水、炎好き。風が嫌い。好きなデッキタイプはコントロール。(50質より)
 地獄の底から帰ってきたHERO。
 おそらくABCDをやっていてこの人を知らない人はいないはず!
 そしてブログでお世話になっていない人も皆無!
 実力派にて死角なし。

■陣内
[大会経歴]
 第7回リーグ 7位
 第8回リーグ 9位
[オンライン戦績]
 147戦 71勝 66敗 10引き分け 48.30%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 ブログ「vs赤単伍長(http://ameblo.jp/jinnai/)」管理者。
 炎、風好き。闇や多色が嫌い。好きなデッキタイプはビートダウン、無限コンボ。(50質より)
 初心者なのに大会出場し、決勝進出を果たした鬼才。
 徹底的にCPUを楽しむその実力はまだまだ未知数。

■SpANK
[大会経歴]
 第7回リーグ 6位
 第8回リーグEXラウンドビギナーA 4位
 第1回対戦会「GⅢ酒場記念」 5位
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 1060戦 483勝 559敗 18引き分け 45.57%
[ドラフト段位&タイトル]
 5段。初代戦人。
[備考]
 ブログ「ドS的ABCD対戦記(http://spankabcd.exblog.jp/)」管理者。
 愛してる属性は闇。好きなのは水、炎。嫌いが風。(・⊿・)が光。(50質より)
 好きなデッキタイプはスーサイドもしくはコンボデッキ。(50質より)
 元主婦。自称グラマー。闇のお姉さん。ドSと様々ないわくがあるお人。
 彼女のブログのファンは多いはず。
 豊富なリンクから各所ブログめぐりの基点として活用している人もしばしば。
 イベント参加率は高いが実績に結びつかないのがつらいところ。
 住まいも変わって心機一転。果たして今回は・・・!?

■Flame
[大会経歴]
 第1回リーグ 2位
 第2回リーグ 4位
 第1回決勝大会 3位
 第3回リーグ 2位
 第4回リーグ 3位
 第5回リーグ 6位
 第6回リーグオープンクラス 4位
 第7回リーグ予選オープンA 3位
 第8回リーグ予選オープンA 4位
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 2157戦 1149勝 956敗 52引き分け 53.27%
[ドラフト段位&タイトル]
 6段。タイトル無し。
[備考]
 好きな属性は水。嫌いな属性は無し。好きなデッキタイプはビートダウン系。(50質より)
 主催者以外でリーグ大会を第1回から参加しているつわもの。t
 初期からの参加だけあって対戦数もなかなかのもの。
 ドラフトにおいても5段を超えたノンタイトル6段。対戦回数は第3位。
 その経験は今大会も侮れないものとなりそう。

■sabo
[大会経歴]
 第6回リーグビギナークラス 2位(全勝)
 第7回リーグ予選オープンA 3位
 第8回リーグ予選オープンA 5位
[オンライン戦績]
 484戦 119勝 360敗 5引き分け 24.59%
[ドラフト段位&タイトル]
 3段。初代塔将ダイモス。
[備考]
 HP「sabo-LAB(http://www.asahi-net.or.jp/~bk8c-smy/enter.htm)」管理者。
 好きな属性は水。嫌いな属性は闇。好きなデッキタイプは不明・・・・w。(50質より)
 吸魂円陣や空間転移、キングハナアルキ等の独特な絵によりカードに彩りを添える絵師様。
 独特なのは絵だけでなく扱うデッキにも現れる。
 彼こそが、100枚タワーデッキの開祖でありABCDの常識をくつがえした男。
 洗礼された構築術はまさに脅威。

■TAKO
[大会経歴]
 第7回リーグ予選ビギナーA 4位
 第8回リーグ 8位
 奇数杯 2位
[オンライン戦績]
 665戦 307勝 345敗 13引き分け 46.17%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 好きな属性は炎、風。嫌いな属性は水。好きなデッキタイプはネタデッキ。(50質より)
 大会をこなすごとに確実に上位に食い込んできている実力派。
 奇数杯においては「ニンゲンの南極+人魚のミイラ」というサプライズっぷりにより見事2位。
 その構築のすばらしさは開催場であるABCDの酒場でも紹介されるほど。
 無視できない存在になっている。

■Mei
[大会経歴]
 第7回リーグ 4位
 第8回リーグ予選オープンC 4位
 第1回対戦会「GⅢ酒場記念」 2位
[オンライン戦績]
 1258戦 552勝 677敗 29引き分け 43.88%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 HP「STRAY CAT(http://www.minc.ne.jp/~straycat/)(内容はABCDにあまり関係ない)」管理者。
 酒場杯記念にて堂々の第2位を誇る実力は本物。
 対戦回数も多くマッチングCGIで見かけることも多いのだが、詳細な情報はなかなか手に入らない。
 今大会のダークホースといえるだろう。
 嫁さんに怒られてもがんばれ!!同士よ!><

■AMD
[大会経歴]
 第5回リーグ 9位
 第6回リーグビギナークラス 優勝
 第2回決勝大会 3位
 第7回リーグ予選オープンB 3位
[オンライン戦績]
 478戦 165勝 306敗 7引き分け 34.52%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 第5回大会以降輝かしい成績を残しているにもかかわらず、
 第7回の予選敗退とともに第8回には姿を現さなかったプレイヤー。
 筆者はおそらく山篭りをしていただろうと予想しているが真相は不明。
 第9回に再び姿をあらわし修行の成果が発揮されようとしている(推定)

■Sou
[大会経歴]
 Terminal Cup 1st 優勝(全勝)
 第2回リーグ 4位
 第1回決勝大会 優勝
 第5回リーグ 11位
 第6回リーグオープンクラス 7位
 第2回決勝大会 4位
[オンライン戦績]
 434戦 237勝 192敗 5引き分け 54.61%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 沈黙を破りし者の2人目。
 wikiができる以前に開催されていたTerminalCup1stの優勝者。
 つまり最初の栄光をつかんだ者である。
 その後さらに第1回決勝でも優勝。
 「ABCDメタにSouあり」とまで言わしめた存在だ。
 第2回決勝後、ぱたりと姿を現さなくなったが今まさに復活を果たした。

■南瓜二等兵
[大会経歴]
 第7回リーグ予選ビギナーC 4位
 第8回リーグ予選ビギナーC 5位
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 734戦 414勝 308敗 12引き分け 56.40%
[ドラフト段位&タイトル]
 3段。タイトル無し。
[備考]
 古参ながら、あまり表に立たない謎多き人物。
 なかなか対戦できないのか。それともCPUがメインなのか。
 ひで氏の対戦記を読むと、「炎好き」であることがわかる。
 今回はバーンか・・・・それとも・・・・?

■liszt
[大会経歴]
 第6回リーグビギナークラス 3位
 第8回リーグ 4位
 第1回対戦会「GⅢ酒場記念」 5位
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 1692戦 976勝 683敗 33引き分け 57.68%
[ドラフト段位&タイトル]
 5段。2代目札聖・初代単色魔王・第一回D1チャンピオン
[備考]
 好きな属性は光。嫌いな属性は水、闇。好きなデッキタイプはフィールドロック。(50質より)
 第1回D1ドラフト大会において、チャンピオンの座に輝いた人物。
 その構築技術は第8回トーナメントにおいて使用された「L's Field Lock」を見れば秀逸なのは明らか。
 綿密、繊細、それでいて大胆。
 果たしてUA環境ではどのようなデッキが披露されるのか・・・!

■ひで
[大会経歴]
 第7回リーグ 2位
 第8回リーグEXラウンドビギナーA 3位
 第1回対戦会「GⅢ酒場記念」 優勝
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 3262戦 2193勝 1004敗 65引き分け 67.23%
[ドラフト段位&タイトル]
 5段。初代札王・初代勝龍・初代猫王・三代介錯人・初代札聖・初代覇王・初代名人・二代誤爆王
[備考]
 ブログ「ABCD的雑記(http://ralis-hide.com/abcd/)」管理者。
 好きな属性は炎、闇。嫌いな属性は水。好きなデッキタイプはビートダウン。(50質より)
 マッチングCGIの対戦回数ランキングのトップを取り続ける男。
 その対戦回数に裏打ちされた経験は、酒場記念にて優勝をもぎ取るほど。
 さらにドラフトにおいては前人未到の「覇王」タイトルを高速で取得。
 最も保持タイトルが多い人物としても注目されている。
 はっきり言って超要注意人物である。

■アモ
[大会経歴]
 第5回リーグ 13位
 第6回リーグビギナークラス 5位
 第8回リーグ予選オープンC 5位
[オンライン戦績]
 2803戦 1322勝 1434敗 47引き分け 47.16%
[ドラフト段位&タイトル]
 初段。タイトル無し。
[備考]
 ブログ「アモ子のキャピキャピ・テケトーブログ(http://amoabcd.blog56.fc2.com/)」管理者。
 好きな属性は炎。嫌いな属性は水。好きなデッキタイプはバーン等、一撃で大ダメージを出せるデッキ。(50質より)
 独特のキャラを持ち、様々な意味で印象深いプレイヤー。
 ABCDギャルゲー記事に驚いた人は多いだろう。
 そんな彼だがオンライン対戦回数はかなり多い。なんとひで氏についでの対戦回数だ。
 何重の意味でも侮れない。

■clock
[大会経歴]
 第5回リーグ 優勝
 第6回リーグオープンクラス 優勝(全勝)
 第2回決勝大会 2位
 第7回リーグ 8位
 第8回リーグ 優勝
[オンライン戦績]
 283戦 183勝 91敗 9引き分け 64.66%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し。
[備考]
 ご存知ターミネーター。
 輝かしい経歴を見ればその実力を疑う者は皆無。
 大会となるとふらりと現れて優勝をかっさらう恐怖のプレイヤー。
 ただし、第7回の時同様、限定構築には弱いという噂がある。
 今回のUA限定戦で唯一勝てる見込みがあるとしたらこの噂どおりであることを祈るばかりである。

■melton
[大会経歴]
 第5回リーグ 7位
 第7回リーグ予選オープンB 3位
 第8回リーグ 6位
[オンライン戦績]
 743戦 437勝 293敗 13引き分け 58.82%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 寄生開始、クローニング、フレイムキャット等のカードの絵師様。
 「ABCDの絵師様は強い」という噂どおり、かなりの実力者。
 対戦回数はもちろん。参加大会の成績も優秀。
 苦しめらるプレイヤーは多いだろう。

■tricktrap
[大会経歴]
 第7回リーグ 5位
 第8回リーグEXラウンドオープンB 4位
 奇数杯 5位
[オンライン戦績]
 1198戦 672勝 489敗 37引き分け 56.09%
[ドラフト段位&タイトル]
 5段。初代介錯人。
[備考]
 ブログ「amusing_ideas ⇒ ABCD(http://tricktrap.cocolog-nifty.com/blog/)」管理者。
 なかなかの天邪鬼っぷりを見せてくれるプレイヤー。
 2ターンキル問題では驚愕の「奇跡の箱」を使用しない回答を編み出したほど。
 メタが厳しい今大会では異質な着眼点が勝敗を分けるかも!?

■mugakubou
[大会経歴]
 第7回リーグ 9位
 第8回リーグ 7位
 奇数杯 3位
[オンライン戦績]
 2083戦 1114勝 911敗 58引き分け 53.48%
[ドラフト段位&タイトル]
 2段。タイトル無し。
[備考]
 ブログ「今世紀初頭にして早くも現れた無駄ブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/ishiba4mugaku/)」管理者。
 好きな属性は水、闇、光、無色。嫌いな属性は風、炎。好きなデッキタイプはコントロール系、パーミッションとか。(50質より)
 ミスター下方修正。そして地雷デッキ使い。
 一見無謀そうだが参加大会ではどれも決勝進出や上位入賞。
 ピリリと光るメタ予想は鋭いものがあるのかもしれない。

■ニーベル
[大会経歴]
 第7回リーグ予選ビギナーB 5位
 第8回リーグEXラウンドプレーオフ 3位
[オンライン戦績]
 683戦 263勝 402敗 18引き分け 38.51%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 遅れてきた男・・・ニーベル。
 「ウホッ や ら な い か」と対戦相手を募集する姿はみんな見覚えがあることだろう。
 カオスな状況を逆手にとっての対戦への欲求は計り知れないものを感じる。
 どんな波乱を見せてくれるのか・・・!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

出揃った猛者たち~ビギナー編~

ついに、第9回FTTリーグ大会のエントリーが終了した。
様々な陰謀が渦巻く中、勝ち抜けるのはだれなのか・・・・!

ABCDの歴史もだいぶ培われてきており、
参加プレイヤーの中にはカリスマ的人気を誇る人もいるほど。


そんな猛者たちの中で勝利するために必要なもの・・・・・・・そう・・・それは、情報!
情報は力!

私、itachiが各参加者の経歴をまとめその情報を発信しよう。



・・・・・・・・・・・・勝てるきがしねぇ



-----------------------------------------------------

参加者が多いので、オープンとビギナーとで分けて記載します。
まずは、ワクワクテカテカビギナーから。
対戦回数の情報は10/29の10:30時点のものです。



■itachi
[大会経歴]
 第1回対戦会「GⅢ酒場記念」 3位
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 237戦 81勝 147敗 9引き分け 34.18%
[ドラフト段位&タイトル]
 3段。タイトル無し。
[備考]
 当ブログ「ABCDデュエル再現部屋(http://abcdreplay.cocolog-nifty.com/blog/)」管理者。
 好きな属性は炎、闇。嫌いな属性は水。好きなデッキタイプはネタデッキ。(50質より)
 リプレイソフトの人。勇者。エロ。変態。鬼畜等数々の異名を我が物としてきた。本意とは別に。
 ほかの人の経歴やデータなどをまとめていく度にもうだめだーと思ってしまうへたれ。
 目標は1勝すること。

■RAID5
[大会経歴]
 無し
[オンライン戦績]
 134戦 46勝 87敗 1引き分け 34.33%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 大会経験無しの初参加者。。
 まったくデータが存在しない為、コメントができない。
 しかし彗星のように現れFTTに参戦するその姿は某鬼才を彷彿させる。
 はたして・・・!!

■KaKKo
[大会経歴]
 第8回リーグ予選ビギナーA 3位
 第1回対戦会「GⅢ酒場記念」 5位
 奇数杯 3位
[オンライン戦績]
 1035戦 478勝 542敗 15引き分け 46.18%
[ドラフト段位&タイトル]
 5段。二代目名人、二代目介錯人。
[備考]
 ブログ「ABCDの酒場(http://ameblo.jp/master-kkk/)」管理者。
 好きな属性は水、闇。嫌いな属性は炎と風。好きなデッキタイプはビートダウン。(50質より)
 酒場のマスターとして皆に親しまれている存在。
 自ら大会運営者となり積極的に活動している。
 2ターンキル問題でなんと8個もの圧倒的な回答数を誇り優勝。その発想力は化け物か。

■京極堂
[大会経歴]
 無し
[オンライン戦績]
 574戦 248勝 321敗 5引き分け 43.21%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 今回大会初参加にも関わらず、オンライン成績を見る限りかなりのてだれ。
 毎晩の対戦の積み重ねはブランクをあけた古参を上回るかも!?
 その実力は如何に!?

■NAK
[大会経歴]
 第8回リーグ 3位
 奇数杯 5位
[オンライン戦績]
 786戦 446勝 318敗 22引き分け 56.74%
[ドラフト段位&タイトル]
 5段。タイトル無し。
[備考]
 好きなのは風と闇と炎、苦手なのは光。好きなデッキタイプはビートダウン、特にホード。(50質より)
 彗星のように現れ第8回リーグにて堂々の3位をとったスーパールーキー。
 ターミネーターclock氏。第7回の覇者dam氏についでの3位である。
 なんと主催者Lazy氏を抑えているという驚愕振り。
 今度は優勝を狙う・・・!
 やらしら(11/3追記 意味:「優しさ」の「さ→ら」であると力説、その末路)

■フォーゼ
[大会経歴]
 第8回リーグEXラウンドビギナーB 3位
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 275戦 164勝 108敗 3引き分け 59.64%
[ドラフト段位&タイトル]
 3段。タイトル無し。
[備考]
 まだビギナーかよ!的人物の一人。
 オンライン成績は優秀。
 第8回においてはホード対策として「支援盗み」をチョイスするサプライズぶり。
 今回の大会でも油断できない相手となるだろう。

■SSS
[大会経歴]
 第8回リーグ予選ビギナーB 3位
[オンライン戦績]
 243戦 135勝 102敗 6引き分け 55.56%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 謎多き人物の一人。
 第8回ではランドスペルバーンをチョイス。
 予選通過間際まで行ったが惜しいところで敗退してしまう。
 しかし、UA限定の今回は事情が違う。
 もしやSSS氏のやりやすい環境なのではないだろうか・・・。

■風邪氏
[大会経歴]
 第8回リーグ予選ビギナーA 4位
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 1058戦 334勝 703敗 21引き分け 31.57%
[ドラフト段位&タイトル]
 4段。三代目誤爆王。
[備考]
 好きな属性は風。嫌いな属性は闇。好きなデッキタイプは殴り殺すデッキなら何でも(ガッサー以外)。(50質より)
 ほぼ毎晩公式ページのチャットロビーにいるお方。
 最近では彼と対戦してない人はいないのではないだろうか。
 当然、まだビギナーかよ!的人物であることは間違いない。

■るぱ
[大会経歴]
 無し
[オンライン戦績]
 71戦 42勝 28敗 1引き分け 59.15%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 ぴちぴちの初参加者。
 残念ながら筆者である私も対戦したことが無い。はず。
 チャットロビーで会った事もないので完全に情報が無い。
 実力、傾向、すべては大会が始まればわかる・・・!

■チキン三世
[大会経歴]
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 252戦 115勝 129敗 8引き分け 45.63%
[ドラフト段位&タイトル]
 4段。タイトル無し。
[備考]
 ドラフト経験は相当なもので、おそらくビギナーの域を達している人物の一人。
 しかし、FTT大会は初参加である。
 その上、唯一参加の奇数杯では一回戦で優勝者の寺門さんに当たり敗退。
 本来の実力が完全に隠されたまま今回のFTT大会に参加・・・・!

■d-b
[大会経歴]
 無し
[オンライン戦績]
 124戦 54勝 68敗 2引き分け 43.55%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 ぴちぴちの初参加者の一人。
 オンライン対戦回数は100を突破しているため、相当の実力はあると判断できる。
 波乱を巻き起こせるか!?

■ヤシノキ
[大会経歴]
 無し
[オンライン戦績]
 170戦 89勝 79敗 2引き分け 52.35%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 ぴちぴちの初参加者の一人。
 しかし驚くこと無かれ。その対戦回数は陣内氏や、六百六十六番氏を抜いている。
 勝率も50%超をキープ。
 対戦者は心してかかる必要があるだろう。

■Neves
[大会経歴]
 ゲリラトーナメントitachi杯 優勝
 第8回リーグEXラウンドビギナーA 5位
 第1回対戦会「GⅢ酒場記念」 4位
 奇数杯 5位
[オンライン戦績]
 400戦 157勝 227敗 16引き分け 39.25%
[ドラフト段位&タイトル]
 3段。初代猫王・初代誤爆王
[備考]
 ブログ「楽猫ブログ(http://blog.seventen.org/)」管理者。
 臨死体験、メカハナアルキ、恐怖症などのカードの絵師様。
 ドラフトに関しても積極的に参加し、初代誤爆王に輝いてからは「誤爆」を期待する男として君臨。
 今回も何かをやってくれるだろうと期待。

■みずぐも
[大会経歴]
 奇数杯 9位
[オンライン戦績]
 693戦 305勝 371敗 17引き分け 44.01%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 ブログ「Stabilizer(http://ameblo.jp/mizabcd/)」管理者。
 好きな属性は光と闇、嫌いな属性は風。好きなデッキタイプはバーン。(50質より)
 純真なブロガー。みんないぢめちゃだめだよ♪(11/1 23:39 当一文を撤回。理由は本人に聞いてあげてください)
 大会経験こそ少ないが、ブログではデッキの研究をかなり積んでいる。
 UA限定ということもあり、ハナアルキ研究が功を奏するか!?

■陽神棒
[大会経歴]
 第8回リーグEXラウンドビギナーB 4位
[オンライン戦績]
 480戦 192勝 283敗 5引き分け 40.00%
[ドラフト段位&タイトル]
 無し
[備考]
 ブログ「ABCD見聞録(http://blog.livedoor.jp/abcdfan/)」管理者。
 好きな属性は炎、嫌いな属性は闇。好きなデッキタイプはホード。(50質より)
 「あれ・・?今日29日だっけ?」と、エントリー当日に衝撃告白。
 すでにタイムオーバーだが、だめもとでエントリー申請を出したところ、寛大なLazy氏の処置でセーフ。
 安心したのもつかの間。
 「基本クリスタル使えないんだっけ?」とまたも衝撃告白。
 コメントの時刻で見るとデッキ製作時間約30分という恐怖。
 その生き様に・・・・漢を見ろ・・・・!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

D1大会終了!!!

いやぁ、FTT大会の準備に忙しい中D1グランプリ全試合消化いただきありがとうございました!!!


組み合わせの妙で不恰好なトーナメント表にもかかわらず果敢に参加いただきうれしい限りです。
さて気になる優勝者は・・・・・・・





lisztさんでーす!!!
おめでとうございます。おめでとうございます!!!





最初に通知したとおり、
「第一回D1チャンピオン」のタイトルを与えたいと思います。
私の中の歴史に名を刻みました。しぇいしぇい。


ほかにも参加いただいた方本当にありがとうございました。
楽しませていただきました。


さて今後ですが、
トーナメント形式はタイトル保持者によるD1方式でやって行きたいと思います。
トーナメント表の作成方法も改善案があればどんどん取り込みます。反省点を生かさねば!


んで、今回みたいに参加したいけどタイトル無いから出れない!!
という人のために別形式の大会もやって行きたいと思います。

今のところ、リーグ形式の大会を想定。
レギュレーションもFTT形式のものでなく、もう少しさくっとやってさくっと終わらせられるようなものにしようと考えています。

開催時期はFTT大会が終わったあたり・・・・・
それまでは新レギュレーションの模索をして行こうと思っています。


以上!
本当にありがとうございました~~~~~
まだまだ楽しくドラフトしましょーねーーーーーーーーー!!!




------------------------------------------------

<私信>
前記事で、謹慎するとか書いたんですけど。
思いのほか心配してくださる人が多いようでなんか、泣いちゃうよ?

「2~3日様子見たらもうFTT大会始まっちゃうから謹慎する暇なく復活ジャン」
という突っ込みもなく、紳士に対応してくれたABCDプレイヤーの皆さんが大好きだ!大好きだああ!!!

というわけで、細々と続けていこうと思います。
でも、ポリシーとして「親しき仲にも礼儀あり」を持っているのであまり暴走しないよう気をつけます。

でわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

はうぅ・・><

もうちょっとほんとにチャットとか顔出すの控えようかなと。


なんか自分が変な火の粉巻いてるようにしか思えない。
自粛。自粛。


2~3日様子見てやめたほうがいいかなと判断したらしばらく謹慎します。
ただ、FTTUA限定大会にはエントリーしましたので大会開始時期になったら復活します。





ブログ更新とかオンライン対戦とかはふつーにやろうと思うので、
itachiに嫌悪感を抱いていない方だけ相手してやってください。><





-----------------------------------------


D1対戦ありがとうございます。

残すところ決勝のみですね!lisztさん vs SpANKさんです。
SpANKさんは対戦がしにくい環境だと思いますので、示し合わせてうまいことやってくれることを願います。


これでD1グランプリ優勝者が決まります。
何気にどきどきですよあたしゃぁ・・・・・・
さすがに決勝は観戦したいですねー!




でわでわ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

UAとかいろいろもろもろ

まぁ、駄文です。
ゆるりとご覧くださいませませ



----------------------------------------




FTTさんとこでエントリー開始されましたね。
まだデッキ悩んでいるんですが何人あつまるかwktkしてます。


んで今回も、前回と同様参加者様方の経歴をまとめようと思っているのですが・・・・・

オープン参加者とかもうね。
書くことありすぎ・・・・・・・・・・・・



前回と違って酒場杯とかドラフトとか50質とかで、ブログ持ってない人とかでも結構情報があるのです。
そんなこんなをまとめていくと、一人一人のコメントがもう5行前後にorz

30人とか40人とか集まったら書くだけで死ぬかも知れません。
現在エントリーしてる人はもうほとんど書き終わったんですけど超疲れた。
ほんとつわものばかりですよ・・・・・・・




エントリー締め切り時点でタイミングを見て投下しようと思います。
おそらく、SpANKさんのToTo企画もあると思うのでその参考情報になれば幸いであります。

-------------------------------------

D1なんですけど、
あれから2試合消化していただきまして、残すところ「sabo氏 vs liszt氏」と、決勝。になりました。
ご協力感謝。


できれば29日までに何とかしたいと思いますが、なかなか難しそうですね~
お二人の予定とか聞かせていただけると助かります。


いろいろ落ち着いてきたら、ドラフトも新しいエディションを開拓していきたいなと思います。
その上でドラフトリーグとかも楽しいかな。とも思ってます。
ABCDはまだまだ遊べるZEEEEEEEEEE!!!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

ブースト系カード考察~その2~

さて、さてさてさてさて。
ちょっと間が開いてしまいましたが、前回のブースト系カード考察の続きです。

今回は、「属性ブースト」についてです。



----------------------------------------

■属性をブーストする意味

属性のブーストは主に2種類の目的に使用されると考えられます。

 1.MPコストは低いが属性拘束が大きいカードをすばやく使用するため
 2.タッチ属性などメイン属性以外の属性値を補うため

です。
特殊な目的で「リセット後の復帰」「属性参照カードのため」がありますが、それについてはブーストとは少し異なる使用法なので省きます。

1について。
その属性拘束のみが大きいカードがデッキに対してどれほどの重要度かにより、
属性ブーストの重要性も変動します。
たとえば、【神風勅令】をキーにしたデッキにおいては光属性のブーストはかなり重要なものになるでしょう。

2について。
多属性のデッキを構築する際に属性供給を安定させる目的で使用します。
多属性になればなるほど4(炎炎)といった単属性では気にならないレベルの属性拘束が足を引っ張ります。
この属性部分を安定させることを目的にメインとは別の属性値をブーストカードで補う場合があります。


どれも非常に地味で、現状必要になる場面が少ないものばかりです。
属性値はMPと異なり消費せず、「一定値以上確保すればいい」ものです。
そのため、デッキ内のカードの属性拘束が3つが最大だとすれば4つ以上の属性値供給は不要となります。
つまり、属性値を供給するカードが死にカードとなるわけです。




--------------------------------------

■属性ブーストカードの検証

属性値のブーストは積極的に採用されることは非常に稀かと思われます。
今回は、それぞれのカードの特性を見極めることで、死にカードを極力減らし快適な属性供給を目指してみます。

クリスタルで属性を賄おうとしているあなた。ちょっと見てってくださいな。




--------------------------------------

【瞬○
[1(-)/20f] Sorcery
ターン終了時まで○属性+2を得る。
■リサイクル[ 2MP / 0f ]瞬○を捨て、カードを一枚引く。



最も代表的な属性ブーストカード。瞬シリーズです。
1MPを消費することで属性を+2得ることができ、必要ない場合はリサイクルも可能です。
そのため、死にカードとなりにくい性質を持っています。

しかし、得られる属性値は一時的なものであるため用途はかなり限られてきます。
おそらく、目的の「1」の為の使用がメインとなるでしょう。

そうなると必然的にデッキのキーになるカードの属性値補助の為に採用することになります。
以下に、MPコストより、属性拘束のほうが大きいカードをリストにしてみました。
このリストに含まれていてなおかつデッキのキーカードであるならば瞬シリーズ投入を検討してみては。


・属性値とMP比率で属性が多いカード一覧
【炎】
 結晶崩壊:2(炎炎)
 結晶破壊:4(炎炎炎)
 火炎放射:1(炎炎炎)
 無謀な格闘家:4(炎炎炎炎)
 赤国大統領:4(炎炎炎炎)
 緊急招集:5(炎炎炎炎炎)
 猫力:2(炎炎)
【風】
 緊急進化:3(風風)
 緑の小人:3(風風)
 繁殖地:3(風風)
【水】
 深淵の鮫:3(水水)
 時の減速:2(水水水水)
 魔の三角海域:3(水水)
 空想の鏡:3(水水)
 手札加速:3(水水)
 提灯鮟鱇:3(水水)
 精神抹消:3(水水)
 クリッター:3(水水水水水)
【闇】
 邪神の儀式:5(闇闇闇闇)
 突然死:3(闇闇)
 死体発掘:3(闇闇闇)
 不死の契約:3(闇闇闇)
 幽霊兵招集:4(闇闇闇闇)
【光】
 神風勅令:3(光光光光光)
 因果応報:3(光光)
 天罰光臨:4(光光光光)
 メンデルの槍:3(光光)
 召喚禁止:3(光光)
 警備兵:3(光光)
 平和な世界:2(光光)
 ミステリーサークル:2(光光)
 専守防衛:3(光光)
 キャトル・ミューティレーション:3(光光)
 ファントム・リム:3(光光)
【多】
 突沸:3(炎風)
 窒素の突風:3(水風)
 漏電:2(炎水)
 空想物体:3(炎水風光闇)
 火砕流:4(炎炎闇闇)


※蛇足ですが、瞬シリーズの特殊な使い方で「単属性と思わせて実は2属性」というサプライズデッキ使用法があります。
簡単に言うと、闇単だと思ったら瞬炎→火砕流→ぎゃぼー。というような動きを想定したデッキです。
1発で場の状況を一変させるカードを組み込めるとなかなか面白いと思います。



--------------------------------------

【○○土偶】
[3(-)/500f] Summon
1/1 ゴーレムの召還
○属性+1


土偶シリーズです。
光属性を供給する土偶だけ「宇宙服の土偶」となっており、ほかの属性は色で表されます。

属性供給とともに、1/1のクリーチャーをもらえるという特典があります。
残念ながら、詠唱時間が500fなので、属性供給は次のターンになります。
たった+1属性ですが、比較的軽量で扱いやすい為、さまざまな目的で投入可能です。


まず、瞬シリーズと同じような目的に用いる場合。
この場合、序盤で召還しておくことで瞬シリーズのような「一発」狙いでなく
継続しての属性拘束が強いカードの使用が可能になります。
ただし、属性は+1ですので、瞬シリーズほどの属性爆発はできません。

1体出せれば良しと考えれば、3属性~4属性程度ののカードなら早い段階で安定詠唱が可能でしょう。
特に、4属性のカードの安定詠唱を求めたとき、土偶はかなりいい働きをしてくれます
できれば1ターン目に詠唱しておきたいところです。

次に、タッチ属性補助としての役割です。
非常に強引なやり方ですが、クリスタルをすべてメイン属性にし、タッチ属性は土偶のみ。
タッチ属性の使用カードは属性拘束が1つのもののみ。
というルールの下、2属性デッキを組んで動かしてみました。
うまくタッチ属性カードのバランスをとれば事故もなくスムーズに対戦が可能です。

単属性に一味ほしいと思ったときに試してみる価値はあるかもしれません。
また、「鉱+土偶」とやれば、原石よりも属性供給速度は上がります。
MPか?属性+テンポか?という選択肢にもなります。土偶の応用範囲はかなり広いです。


しかし、土偶にもデメリットがあります。
もっとも大きいのがクリーチャーであることです。
クリーチャーは相手へのダメージリソースと、こちらへのダメージ軽減を行うことができるユニットです。
そのため、ほとんどのデッキではクリーチャーが採用されます。
これは同時に、クリーチャー対策もほとんどのデッキで採用されているということを意味します。

というわけで、クリーチャーというユニットは除去されやすいユニットでもあります。
属性供給として土偶を採用した場合「除去されやすい」ことを常に念頭におく必要があるでしょう。




--------------------------------------

【○○のゴーレム】
[5(-)/500f] Summon
3/1 or 2/2 or 1/3 ゴーレムの召還
後手 ○属性+2



土偶の上位種。
属性によって、Atk、HPが異なります。
炎、闇は3/1。風は2/2。水、光は1/3となっています。

後手はついているものの、供給属性値は+2。
クリーチャーサイズもそこそこあるので一見使いやすそうなカードです。

しかし、いざ使ってみるとなかなかの厄介者であります。
まず、コストです。
MPコストが5・・・・ということは、クリスタルは3枚配置されています。
基本クリスタルならば属性値はすでに3つまでたまっています。
属性値3→5にする為に1ターンの行動を消費するでしょうか?



微妙です。


クリッターや、緊急招集といった属性拘束が5もある鬼カードの為ならばやむなし。
特にクリッターとの相性はいいと思います。
ただし、それだけになってしまいます。

多属性の為・・・となったときも微妙です。
なぜなら、5MPたまっている頃はすでに中盤に差し掛かっている可能性があります。
中盤において、まだ属性値が十分でない状態はもともとテンポが遅い多属性には致命的にもなりえます。

また、炎、闇のゴーレムに関しては除去されやすいという問題点は後手がある分重くのしかかります。



ではどのようなときに採用しましょう?
ひとつは、先のクリッターのような例です。
多くの属性値を安定供給する必要があり、光、水属性(ゴーレムが壁になりやすい)である場合。

もしくは、多属性でありなおかつ両方の属性がいっぱい安定して必要な場合・・・・というはちゃめちゃデッキの場合です。
幽霊兵招集+赤国大統領といったコンボをするならば役に立つでしょう。


※一応蛇足として、ゴーレムは、リセット系との相性が抜群です。
ですので、ゴーレムといえばリセットといった図式が一般的ではないでしょうか。
もう少し属性拘束が強いバカみたいなカードが出れば違うかもしれませんね。


------------------------------------



以上で、属性ブーストについては終わります。
属性値コントロールは多属性になると特に意識する部分になると思います。

各種特殊クリスタルとブーストの組み合わせパターン数はものすごい数になるでしょう。
特性を理解したうえで組んで行きたいところです。




ブースト系カードの考察も、次で最後です。
次は特殊系カード・・・・・ぶっちゃけ、「結晶の知識」のみの特集です(にやり)

どっぷりと検証したいと思います。

でわでわ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

検証!どこまで小さく

ABCDを起動して・・・

アレ系の激写でもしようかなとタイトル画面でいろいろいじくってましたところ・・・・


マウスホイール。

こいつをくりくりっと回して見ましょう。(性的な意味で)



するとどうでしょう。
カードが拡大したり縮小したり・・・・・

ほー。なかなか面白いではないか明智君。
拡大していくと裏表反転した・・・・・


ということは、
最大限まで縮小すると・・・・・・・・・・・・・・・どうなるのかな!?






ってぇわけで検証してみよう!!わーい!!すごく無駄な時間をすごそうぜベイベー!



~10分後~





・・・・・・・・・・・指イテェorz


そして、うっかりホイールをクリックしてしまうと元に戻ってしまう!!ガッデム!!


さらに続けるもホイールクリックのせいで全然すすまない!
もっと縮小したいのに!したいのにぃいいいいいいいぃぃぃいいいいいい!!!





~10分後~




ムリ。
ムーリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリィィイイ!!!



こうなりました。




Syukusyo_last1












うん。
視認できないまで小さく・・・・






Syukusyo_last2





このように、DeckEditerにカーソルを合わせることで、
1dotだけ確認することに成功。ヨーク中心を見てみてみてみてみて!





さて。


コレ以降はどんなにマウスホイールを回しても反応なし。


限界なのかな・・・・・・・・・・・













・・・・・











Dキー押してみた。

Syukusyo_last_d










ほう・・・・・・・・・・お・・・・・・・・おもしろいじゃないか・・・・・・・・・・










調子に乗って、Cキー


Syukusyo_last_c











ほんで、Qキー

Syukusyo_last_q











・・・・・・・・・・





うん!!!












自分、ナニヤッテナンダロ・・・・・・・・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

近況とD1について

あ~


一応結核じゃなかった。

風邪引いて、それによって喘息の発作が併発したらしい。
喘息なんて中学以来だよ・・・・・約10年ぶりの発作はなんか重い・・・・・orz


さらに頭痛も加わって、もう普通に生活できるかも怪しいぜ!ひゃっほう!!


そんなわけで会社行ってない。
UA限定戦のデッキを作りまくりですようぇへえへへへ。


--------------------

さてさてさて、


無限の彼方に忘れ去られているD1グランプリですが。
なるべくならUA大会前に終わらせたいと考えています。


現在、tricktrapさん VS Nevesさん戦で停滞しているようです。



で、急ですが、今週中に何らかの形で決着をつけたいと思います。
強引ですが、下記の手順で強制的に試合を決めさせていただきます。

1.試合可能な状態かどうか、できる。できないをこの記事にコメントしてください。
 ・どちらかが試合できない場合、不戦敗とみなし片方を勝者として進めます。
 ・両方とも試合できない場合、二人とも不戦敗とみなし、試合を進めます。

2.両方とも試合可能な場合、試合期限を今週中(23日0時まで)とさせていただきます。
  この際、いつ試合可能かの日程調整もこの記事のコメントでして頂くようお願いします。
 両方の都合が合う日が来週にずれ込みそうであれば憂慮します。


以上です。
今週中にコメントが無い場合、棄権と判断させていただきます。
お手数をおかけいたしますが、円滑な大会進行にご協力くださいませ。




※強引過ぎるという反対意見があればこれもコメントしてください。
 まったり進行意見が多ければ方針転換します。
 が、できればUA大会はそれにのみ集中したいとitachiは思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

なんかやばいかも

風邪悪化。

つーか。咳がおさまりません。
半端なくでます。咳すると涙出るほど。


んで、
医者に再び薬をもらいに。

そしたら、

「咳がおさまらない様だったら結核の可能性もあるから検査したほうが良いよ」

とか言われた。






とりあえず、しばらくは安静にしようと思う・・・・




・・・・・・・・・・・・・






結核って・・・・・・・・・入院するんだっけ?病院ってネットできたっけ?(ダメニンゲン)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

ブースト系カード考察~その1~

調子に乗って考察考察。


多属性議論にも絡んでたのですが、あえてその時期は避けて・・・・
何かというと、「ブースト系カード」についての考察です。

ブースト系カードとは「MPや属性値の増加を加速させるカード」と位置づけています。
つまり、通常のMP、属性の推移は1ターン1クリスタルであるため、

 1Turn:3MP、1属性
 2Turn:4MP、2属性
 3Turn:5MP、3属性

と、いうように、1ターンにMP+1、属性値+1ずつ推移していきます。
この推移を加速させるカードを「ブースト系カード」と呼んでいます。私だけ。



では、具体的にブースト系カードを見ていきましょう。
ちなみに、クリスタルはこのブースト系に含まないこととします。


■MPブースト
・魔力幇助
・魔力加速
・希望の箱
・魔力変換

■属性ブースト
・瞬シリーズ
・土偶シリーズ
・ゴーレムシリーズ

■特殊
・結晶の知識



それぞれ一長一短ありますが、
とりあえずそれぞれのカテゴリに従い「ブーストする意味」と「カードのメリットデメリット」を検証して行こうと思います。



今回は「MPブースト」についてです。

---------------------------------------------


■MPをブーストする意味
MPブーストはあえて説明する必要も無いくらい大きな意味があります。

たとえば、2ターン目に5MPが確保できたらどうでしょう。
5MP帯は非常に強力なクリーチャーが存在します。
たとえば、【溶岩巨人】を出す場合を見てみます。

 [通常]
 3Turn:溶岩巨人詠唱→召喚
 4Turn:溶岩巨人攻撃

 [ブースト]
 2Turn:溶岩巨人詠唱→召喚
 3Turn:溶岩巨人攻撃
 4Turn:溶岩巨人攻撃


というように、通常時と比較して1回多く攻撃できます。
相手い対応できるカードが無ければ実質4点ダメージを生み出すことになります。
また、3ターン、4ターンでクリスタルを設置できれば1MP、2MPの余裕が得られます。
これは、3ターン目攻撃時に【火炎放射】を使用できることになります。

1ターンのMP差はこれほどまでに大きな意味を持ちます。

■MPブーストカードの検証
MPブーストの有意義性はあえて細かく語らずとも伝わると思います。
では、実際にMPをブーストするカードそれぞれを検証していきたいと思います。

目標は、カードの特性を理解してデッキに適したブーストカードを組み込めるようになることです。


---------------------------------------


【魔力幇助】
[2(-)/100f] Sorcery
最大MP+1


私が考える、現在最も優秀なMPブーストカードです。
さらにいえば、MPブーストの基本カードと言えるでしょう。これに関してはちょっと細かく検証します。

2MPで、最大MPが1増えます。最大MPですのでデュエル中は持続します。
フレームが100であるため、ターン内に詠唱が完了します。
ですので、実質支払うMPは「1MP」になります。

終盤ではあまり意味が無く、序盤に唱えることで効果を最大限に発揮します。
先ほどの例の「1ターンの差」をきっちり実現してくれるカードです。

デメリットも少ないのが魅力です。
このカードのデメリットは
 ・1MPを消費する
 ・手札を1枚消費する(魔力幇助分)
の2つです。
魔力幇助を入れることで手札やデッキが圧迫されることは間違いありません。
そのデメリットを考慮した上で「序盤の加速」を得たい場合に最も効果的なカードといえるでしょう。

また、このカードは中盤までその効果を発揮します。
中盤の使用は「MPに余裕がある場合に唱える」スタンスになります。
実質消費が1MPなのであまり苦にならないでしょう。
そして、1MPが増えることにより「1ターンの2回行動」が行いやすくなります。
1ターンの2回行動とは、1ターン中に2つのカードを使用し、アドバンテージを取ることです。
相手が1ターンに1カードしか使用しなかった場合、
こちらが2つのカードを使用したほうが相手に対して先手を取ることになり、
相手がその対応のみに行動が縛られれば、こちらはより優位に立ちやすくなります。

というように、
魔力幇助の有効性が分かって頂けたと思います。

ここまでで、一見すると万能そうなのでどのデッキにも入れたくなります。
ところが、魔力幇助に向いていないデッキもあります。
上記メリットデメリットを考え、次のようなデッキに向いていないと考えられます。

[魔力幇助が向いていないデッキ]
 ・多属性デッキ
 →属性確保のほうがMP加速より重要なデッキの場合入れる意味が少ない
 ・終盤を大事にするデッキ
 →終盤を大事にし、序盤は耐えるデッキの場合序盤はMP加速より壁召喚が優先されると思います。
  終盤になってからのMP加速は、あまり有意義とはいえません。
 ・全体的に軽いデッキ
 →カード全体がそれほどMPを必要とせず、物量を重視するデッキの場合、
  デッキを圧迫してまでわざわざMPを加速する必要はなくなります。


以上のことを踏まえて
上手に運用していきたいですね。

---------------------------------------

【魔力加速】
[5(-)/500f] Sorcery
最大MP+3


魔力幇助の強化版です。
魔力幇助と比較して、得られるMPは多いです。
しかし、消費MPが5であり、詠唱時間が500fもあることからやや使いにくくなっています。

魔力加速のデメリットは下記のとおりです。
 ・5MPを消費する。
 ・発動は次ターン
 ・手札を1枚消費する(魔力加速分)


上記のデメリットを見れば、魔力加速が効果を発揮するのは非常に遅いことが分かります。
魔力加速の場合は、「1ターンの差」を求めての使用とは異なるでしょう。
では、どのような場合に魔力加速が必要となるでしょうか?

ずばり、「高MPカードを使用する」場合になります。
私的には7MPまでなら【魔力幇助】で十分いける範囲です。
8MP以上を御所望の場合、魔力加速の出番かと思われます。
実質、魔力加速が詠唱可能なのは5MPであるわけで、基準となるMPは8になります。
簡単に8MP以上のカードをまとめて見ました。

[8MP]
 ・大戦鬼
 ・多脚天使
 ・巨神兵
 ・煮え立つプラナリア
 ・寡黙なプラナリア
 ・無限のプラナリア
 ・双頭のプラナリア
 ・首無しプラナリア
[9MP]
 ・バンニップ
 ・女王蟻
[10MP]
 ・素晴らしき世界
 ・巨大戦車 大和


と、あまり多くありません。
ほかに有用性は無いのでしょうか?




・・・・あります。
継続して非常に大きなMPを消費するデッキを用いた場合です。
つまり、ロック系やコントロール系がそれに当たります。

クリーチャーやランドのスキルを毎ターン使い続けるといった場合、
ある一定量のMPを必ず消費することになります。
ほかの行動をとる場合、より多くのMPが必要になります。

そのための【魔力加速】なのです!

【魔力幇助】と似ている効果ですが、用途はまったく違うものになっています。
デッキの性質に合わせてうまく組み合わせたりして使ってみるといいと思います。

※2006/10/16追記
非常に申し訳ないことに、ファストキャストの存在を失念しておりました。
ファストキャストを考えると【魔力加速】の有益性は格段にあがります。

まず、ファストキャストがあり、コストが8MP以上カードの一覧を見ましょう

[8MP]
・ダウンバースト
・重装備
[9MP]
・津波
・直下型流星群
・メルトダウン
[10MP]
・短距離弾道ミサイル

どのカードも、状況を覆すパワーを持っている強力なカードです。
これらのカードを主軸に組む場合、【魔力加速】は必須呪文になると思われます。

ただし、キャストタイミングが序盤で無い以上4枚積みはやりすぎかもしれません。
2~3枚で調整したいところです。


---------------------------------------


【希望の箱】
[1(-)/200f] LandSpell
ターン開始時にあなたのHPが5以下である場合、あなたはMP+5を得るとともにカードを3枚引く。
その後、希望の箱を破壊する。 



もうなんだろうね。
七誌さんのブログを見てくださいといえば事足りそうですが・・・・

とにかくMPブーストの中ではかなり特殊なカードです。
コストは軽量で、詠唱時間も短く、得られるMPが多い上にドロー効果つき。
効果だけ見ればとてつもなくおいしいのですが、ひとつ問題があります。

 「ターン開始時にあなたのHPが5以下である場合、」

この一文です。
言い換えると、HPが5以下でターン開始を迎えなければいけない。
ということです。

もう少し掘り下げてみましょう。
これはつまりどういうデメリットになるのでしょうか。

 ・敗北しやすい(HPが5以下であるため)
 ・MPブーストのタイミングを完全にコントロールできない
 ・詠唱しておく必要がある

ということが言えます。
さらに、MPブーストは最大MPではないため、

 ・MP増加はターン中のみ

というおまけつきです。
この中でいくつか致命的なデメリットが存在します。

・その1「敗北しやすい(HPが5以下であるため)」
 敗北しやすいというのはやはり致命的です。
 何しろ、勝利するためにやっているはずの行動が逆に敗北に追い込まれるわけですから。
 本末転倒です。
 「敗北するわけではないが、敗北しやすい」
 これをどれほどのデメリットとして受け取るかは・・・・・・あなたのデッキしだいでしょう。

・その2「MPブーストのタイミングを完全にコントロールできない」&「MP増加はターン中のみ」
 2つのデメリットであわせ技一本です。
 「大体、次のターンか、2ターン先くらいに発動するな」くらいは分かったとしても、
 何もできないことが良くあります。
 「今ブーストしたい」タイミングでMPブーストできないのはやはりつらいところでしょう。
 しかも、「MP増加はターン中のみ」です。
 自分で完全に制御できないタイミングで発動する箱の効果はそのターン限定・・・・これは致命的です。


というわけで、
ごくごく限られた状況で絶大な効果を発揮するのが「希望の箱」です。
どのようにデッキを作るかは、七誌さんのブログを読めばいいかと。




---------------------------------------

【魔力変換】
[2(水)/0f] BattleSpell
防御プレイヤーは攻撃クリーチャーの攻撃力と等しいMPを得る。
そのクリーチャーはノンアクティブ状態になる。



こちらも条件限定で特殊なMPブーストです
効果は「敵クリーチャーの攻撃を1回回避」と「MPゲット」です。
こっちもそのターンのみ限定MP加速です。

しかもMP増加量は相手のクリーチャーの攻撃力次第。

実質得をするためには、

「Atkが3以上のクリーチャーがターンの早い段階で攻撃してきた」

という場合に限ります。

なかなか厳しい状況です。
というか、完全に相手に依存するのでこれによるMPブーストは難しいといえるでしょう。



そーだなー
「怒り爆発」つかって、攻撃してきたところを変換すれば・・・・あるいわ・・・・・




---------------------------------------



あーーーだいぶ長くなってしまったorz
文章まとめるのが下手なので許してください。

次回は属性ブーストについてです。
こっちのが個人的にきっちり考察したいところだったりします。

気長に待ってください。


でわでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

快調。そしてUA限定戦

こんばんわ。

自分のポジションを見失いがちなitachiです。
先日、また夢を見たのですがそれはまぁ置いといて・・・
体調ですが、だいぶ良くなってます。まだ咳は出ますが。


思ったよりコメントがついたので(予想は0だた)この場をもって「僕もう大丈夫だよ!」と報告しようと思います。

体調は大丈夫だけどほかのことが大丈夫じゃないとかね!



アハハハハハハハハハハハ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ついでにいろいろだらだらどーでもいいこと書きます。
考察とか待ってる人いたらごめんなさい。
・・・・・・そんな人いるのかな?(汗)




--------------------------------------


さて、
いよいよ本格的にUA限定戦の日が近づいてまいりました。
今回は私も参加しようと思います。

ABCD控えるとか言ってたのはどこのどいつでしょうかね。わたしゃ知りません。
とはいえ、私なんぞの弱輩者が予選を勝ち抜けるとは毛ほども思っていないわけで・・・・
だとすればさほど生活に影響を与えることなく大会を楽しめるのでは。と。


だってやりたいじゃーん・・・(本音)




--------------------------------------




世間では、メタの話題で持ちきりですね。
自分は、「完全にメタに入って無かった予想GUYのデッキ」が結構好きなんですよね。
それで強ければ文句無しなんですが、なかなか難しいところです。

で、そういうこと思ってると「UA限定でデッキ調整しませんか?」とか言えないんですよねー
かと言って、通常の対戦だと【突然死】とか【対抗呪文】の餌食になったり・・・・

まーそーも言ってられないんで、近いうち調整するつもりですが・・・


でも正直メタとか分からんのよね。


なんか、最近、富に感じているのが「私の考えるベターとほかの人の考えるベターのギャップ」なんデス。

「UA限定か・・・・・・ならば猛火の化身の天下だな」

とか考えてて話を聞いてみると、

「ハナアルケとゴッキーの天下だ」

というのが大衆の意見らしく・・・
おお、そういえばゴッキーなんていたな。と思った世間とズレたおっさんが一人。


こんなおぢさんが一生懸命メタを考えてもたぶん、間違ったほうに行くのが必然!!
ならば・・・・・我道直進!!





ネタデッキでーーーー!!
カモになってやるーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!









といいながらガチでデッキ調整している俺ダルシム。
伍長つえぇ。だれかボスケテ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

へくしょい

風邪ひいた・・・・・・・・・・



久々に重い風邪です。
ここぞとばかりに会社休んでABCD!ABCD!



なんか、台風もすごくてね。
みんなも家にこもってABCDやればいいじゃない!いいじゃぁぬぁい!!














・・・・・・・・意識朦朧としてるときにABCDやるもんじゃないね・・・げふっ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

風邪氏さんの回答

ABCDプレイヤーに送る50の質問
~風邪氏さんの回答~

1番 あなたの名前、性別、住んでいる場所を可能な限りでいいので教えて下さい。
      名前;風邪氏 性別;上 住んでる場所;上の方
2番 あなたはABCDを初めて何年目ですか?
   4~5ヶ月ぐらい?
3番 あなたがABCDを始めたきっかけを教えてください。
   奇跡的に風邪引いたことによって暇をもてあましたため。
4番 オンライン対戦がメインですか?CPU対戦がメインですか?
   CPUってなんですか~?
5番 大会に参加した経験はありますか?
   奇数杯と第8回リーグに・・・
6番 あなたがこれまで行った大会で一番いい成績を教えて下さい。
   第8回リーグにて一回勝てた
7番 構築デッキでのデュエルはよくやりますか?
    良くやります
8番 ドラフトはよくやりますか?
   構築と比べるとやらないですが、
   それなりに好きです。   
9番  シールド戦はよくやりますか?
    たまーにやります
10番 タワー戦はよくやりますか?
    たまーにやります
11番 どの対戦方法が一番好きですか?
    全部大好きw
12番 新しいパソコンを購入。迷わず最初にインストールするのはABCD?他のソフト?
    OS関連・・・
13番 尊敬するABCDプレイヤーはいますか?いるならば誰ですか?
    TAKOさん
14番 上記質問でいると答えた場合、尊敬する理由は何ですか?
    彼のネタは俺のバイブルです。
15番 HPやブログを持っていますか?または作ってみたいと思いますか?
    特にないです、理由たぶん続かないので
16番 月並ですが好きな属性、嫌いな属性は?その理由は?
    好き 風
    嫌い 闇
17番 これまた月並ですが好きなカード、嫌いなカードは?その理由は?
    好き ニンゲン、誤爆、館長、等々
    嫌い ガッサー 
18番 イラストにはこだわる方ですか?
    特にこだわりはないです。
19番 お気に入りの絵師さんはいますか?
    すいません、チェックしてなかったりします
20番 絵が最も気に入ってるカードはありますか?それは何ですか?
    水猫
21番 あなたが好きなデッキタイプは何でしょう?(ビートダウン、パーミッション等)
    殴り殺すデッキなら何でも(ガッサー以外)
22番 現在、主力デッキは何個ぐらいありますか?
    1~10ぐらいです。
23番 あなたがこれまで使用したデッキで一番のお気に入りのデッキを教えて下さい。
    マリス、堕天使、臨死体験デッキです。
24番 あなたがABCDの世界に入り、クリーチャーとして登場するのならどんなカードになると思いますか?
    風邪氏
    誤爆王 5(-)0/1 
    ターン開始時に、自分のデッキをランダムに変える。
25番 今作ったカードにフレーバーテキストを付けて下さい。
    彼は、疾風のごとくデッキを作り、疾風のごとく負ける・・・
26番 何歳までABCDをやっていると思いますか?
    出来る限り・・・かな?
27番 あなたの中のABCDが占める割合は何パーセント?
    無難に25%ぐらい
28番 ABCDクイズ選手権に出場したら上位に残る自信がありますか?
    わかりませんでしたorz
29番 あなたが今まで禁止カードに指定したかったカードってありますか?
    ガッサー
30番 このカード、強いと思っているのに世間評価が低い・・・そんなカードありますか?
    ヘッドハンド、怒りの代償
31番 こんなカードを追加して欲しい。というのはありますか?それはどんなカードですか?
    飛行蟻など蟻シリーズが欲しいですね~
32番 ABCDを全く知らない方に初めて教えるとき、先ず何から教えますか?
    itathiさんのホームページ
33番 あなたは今までABCDをやめようと思ったことはありますか?
    無いです
34番 前の質問でYESを答えた方、その理由を教えて下さい。
    
35番 あなたがデュエル時、つい出てしまう口癖や癖がありますか?
    事故った・・・
36番 デュエル時に限らずあなたの口癖はなんですか?
    って、そんなことあるかぃ
37番 あなたが今までデュエルしてきた中で思い出のキープレイなどあったら教えて下さい。
    下のが目立ちすぎて、なんも思い出せないw
38番 今まで一番しまった!と思ったプレイングミスを教えて下さい。
    いっぱい有りすぎて、ここではちょっと。
39番 ABCD以外のカードゲームの経験を教えて下さい。
    トランプとカード麻雀をUNOぐらいですかね~
40番 今現在、ABCDとそれ以外のカードゲームを平行して行なっていますか?
    カード麻雀
41番 あなたが思うABCD最大の魅力は?
    おもしろい
42番 あなたが思うABCD最大の欠点は?
    おもしろすぎて他のことが・・・
43番 あなたがこの人とデュエルをしたい!!と思う方はどのような方ですか?
    誰でも、かかってこいやー
44番 あなたがこんな人とデュエルしたくない!!と思う方はどのような方ですか?
    挨拶的な物は欲しいです。
45番 ABCDを楽しむ秘訣は?
    事故や負けが続いても落ち込まない
46番 あなたが対戦相手に求める最低限のマナーは?
    最低限の挨拶・・かな?
47番 ABCDプレイヤーにとって一番大切なものは?
    楽しむことですね。
48番 あなたにとっての理想の最高のプレイングとは?
    自分も楽しくて、相手も楽しければ言うことなしかと。
49番 ABCDの作者様、jxta氏に何か一言。
    頑張ってくださいとしかいえないです・・・
50番 最後にあなたにとってABCDとは何でしょう?
    最高のゲームかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ・・・退屈せずにすみそうだな

さて・・・・

七誌さんの企画も終わったし・・・・すこしABCDも落ち着いたかな・・・・・・・・・



なんて思ってたらとんでもなかったですね。


まず、Lazyさんのブログ「FTT」で次回大会についての記事が発生しています。
次回はUA限定戦!!!
ワクテカがとまらないぜ!!


UA限定となると、各属性の優秀な除去がだいぶ減りますからねー
また炎が強いような予感がひしひしとしますが、それはそれとしてがんばりたいなーと思います。

って、参加する気なんかい!家庭を大事にしろ!自分!


------------------------------

さらにさらに、
damさんのブログ「ぶたこま」ではカード妄想企画なるものが!



間違いなくDDには採用されそうもないカード郡が連なること間違いなし!!
逆に採用されたらちょっと笑えるかも・・・・・・・

jxta様はどこで何を見ていらっしゃるか分かりませんからね・・・・・




ブログ保持者も名無しさんもみんな参加するといいと思うよ~♪







しばらく・・・眠れねぇ・・・・・・・・な・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

狙え!2ターンキル

久々のデッキ紹介です。


今回はとある記事に触発されて作ったデッキです。
細かい突っ込みはしないでください。わかってる!!わかってるから!!!!



じゃー、早速レシピを。


■狙え!2ターンキル
デッキ枚数:40枚

Crystal - 14枚:35.00%
  6 闇のクリスタル
  4 風のクリスタル
  4 闇風鉱
Summon - 4枚:10.00%
  4 巨神兵
Sorcery - 18枚:45.00%
  3 高速取得
  4 再動
  4 クローニング
  4 派手に誤爆
  3 再構築Lite
LandSpell - 4枚:10.00%
  4 希望の箱



わかってる!!!!
わかってるからみなまで言うな!!!!!!!!!!!



じゃ、解説。
主に、次のような動きをします。

1ターン目:希望の箱を2個とクリスタル出す。あと、派手に誤爆を3回唱える。
2ターン目:都合よく墓地に落ちた巨神兵をクローニングで召還。再動3連発でFinish!!!

というデッキで、回ればほぼ最強かと思われます。


ただ、すこぉーしだけ問題点があります。
このデッキを使う人は次の点に十分注意してください。


1.相手を馬鹿にしているとおもわれがち。
 普通は真剣そのものでこのデッキを使っていると思います。
 でも、相手にとって見ると「馬鹿にされてる」と思われることが多いようです。
 使用の前に、「超バカネタデッキ使いますけどいいですか?」と断りを入れましょう。


2.妙な期待をされたりする
 「1」のように断りを入れると、逆にwktkする人もいるようです。
 ゆえに、圧倒的に相手が有利で勝利目前にもかかわらず
  「ネタが見たいのでもう少し続けましょうか」
 とか、言ってk・・・・いっそ殺せええええええええ!!!!これ以上生殺しするなああああああああああ(号泣)





というわけで、
取り扱いには十分注意しましょうね♪

もうあれだね、大会とかでは使用禁止にしたほうがいいぐらいの凶悪デッキだねこれは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

・・・今度は本気・・たぶん。

えーと。


とりあえず昨晩、「あとサインするだけ」というところまで行きましたが、
いろいろ話し合って大丈夫になりました。


ふぃ~。
何の話してるんだってことですよね。

えーと。昨夜離婚しそうになりました。まる。




んで、
どーも「かまってくれなくて変なカードゲームばっかりやってる」
というのも原因の一因であったようで・・・・

こちらとしてもABCDが如何に面白いかを説いたのですが、あんまり興味ない様子。
つーか逆効果?




そんなわけで、
やっぱりちょっとABCDから離れようかと思います。
完全に離れるのは惜しいので時々ちょくちょく対戦はしましょうということで・・・

でもたぶん参加する頻度は減ると思います・・・・・・


一応ご報告まで。

リプレイソフトの対応とかも遅れるかもです。察してください。









・・・・・・・・・なんか前にも似たようなこと書いたような・・・・(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »