« 超回復デッキ | トップページ | ABCD_Replay Ver 0.17リリース »

2006年6月16日 (金)

クリスタル8枚デッキ~その2~

ほ・・・本スレで話題になってる・・・(ガクブル





どうやら一石を投じられたようで何よりです。



さてさて、
前回お話しましたクリスタル8枚デッキですが、ようやく自分でも試すことが出来ました。
事故らしい事故も少なく。有意義な検証だったと思います。


ざっと使用した感じ、下記のようなメリット・デメリットが有りそうです。


【メリット】
①デッキ回転率がいい
 必然的にキャントリップ・リサイクルカードが多く入りますので、かなり回転します。
 そのため、引きたいカードが引けない!というストレスは少なかったです。

②弐周目の効果が最大限活かされる
 「弐周目」を使用してちょっと嫌なのはクリスタルのような無駄カードまで戻ってしまうことです。
 しかし、クリスタル8枚ならば弐周目以降は最高のデッキパフォーマンスを見せてくれます。
 思わぬ副産物でした。


【デメリット】
①中盤以降の展開速度が遅くなりがち
 どうしても安定して出せるクリスタルが2枚までなので、
 中盤以降1ターンに2つの呪文を詠唱するのが難しくなってきます。
 また、リサイクル・キャントリップを活用しなければならないため、クリーチャーを出すのが遅くなったりします。
 速度重視で軽量クリーチャーを並べるようなデッキはあまり向いていないのかも・・・
 (スーサイドがいいとか簡単に言ってゴメンナサイ)

②デッキ構築に関する縛り
 前回紹介した条件のことです。
 あの条件を満たさない限りきちんと回らないと思います。
 これがいちばん大きなデメリットかもしれませんねー。

本当に雑感ですが、こんな感じですかね。

普段デッキに入らないような「復活阻止」とかも、
リサイクル前提で見ると優秀カードに見えるから不思議でした。

上記メリット・デメリットを考慮すれば実践投入も不可能ではないかもしれません。
やっぱりカーレンリサイクルかなぁ・・・



さて、ここまでの検証を基に

「クリスタル枚数とは別の観点での事故防止」

を書きたいと思います。そのうち。

キャントリップ・リサイクル持ちカードと、
MPカーブを考慮すれば事故はかなり軽減できるみたいな当たり前の話です。ええ。


それでは。

|

« 超回復デッキ | トップページ | ABCD_Replay Ver 0.17リリース »

コメント

色々と8枚デッキを試してみたのですが

・(光)漢方&巫女&復活付与説得ロック
かなり現実的なデッキでした。
説得が腐るもののメタバーンっぽくなるのも◎
死ぬほど対戦時間かかりますが(;´Д`)
・(風)風破円陣&先手付与ストンピィ
Atk2のクリーチャーと衝撃破で組めば案外普通に動作を
虫率が高くなるので微妙にメガパーメタっぽく
・(水)鮫&飛行付与
色々試したら古典的なデッキの形に・・・
あまり8枚にする意味ないですね

炎と闇が難しいですね
現実的なのはやはり風か光あたりなのでしょうか

投稿: 名無しさん | 2006年6月17日 (土) 00時04分

検証報告ありがとうございます。
まったく同意見です。
炎、闇で8枚クリスタルを実現する場合、
メリットを生かすのならばコントロールになるのでしょうが、
炎、闇のコントロールに必要なカードはどれもMPや属性が重いんですよね。

光は実践でも見かけるかもしれません。wktk

投稿: itachi | 2006年6月17日 (土) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64082/2240934

この記事へのトラックバック一覧です: クリスタル8枚デッキ~その2~:

« 超回復デッキ | トップページ | ABCD_Replay Ver 0.17リリース »